陰部のかゆみ(かゆい・違和感) 新宿の泌尿器科 新宿駅前クリニック

東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

新宿西口1分・南口2分 予約不要・保険診療

泌尿器科の案内 泌尿器科の案内

陰部のかゆみ

陰部とはデリケートゾーン、股間、局部などとも呼ばれ、男性であれば、亀頭、陰茎、陰嚢などの男性器、女性であれば、大陰唇、小陰唇、膣などの女性器を指します。なお、外陰部とは、女性の体外に露出している部分の総称です。

かゆみといっても、1日中ずっとかゆい場合もあれば、お風呂上がりや夜だけということもあります。

かゆみを伴う病気には様々な種類があり、病気により治療法が異なります。

原因

病気によってかゆみ、違和感の感じ方や随伴する症状は異なります。性病が原因となるケースはあまり多くありません。
亀頭包皮炎、陰嚢湿疹は男性の病気、膣炎は女性の病気になります。

・亀頭包皮炎
細菌やカンジダなどにより引き起こされます。

・陰嚢湿疹
陰嚢(いんのう)は、金玉袋とも呼ばれており、湿疹化するとカサカサ乾燥します。

・膣炎
細菌、カンジダ(カンジタ)、トリコモナスなどにより引き起こされる膣炎です。
原因などにより、細菌性膣炎は、細菌性膣症、カンジダ性腟炎は、膣カンジダ、カンジダ性膣症、トリコモナス腟炎は、膣トリコモナスとも呼ばれています。
おりものの変化や臭いにより気づくことが多く、生理前や妊娠中などに悪化することがあります。

細菌性膣炎は、 寝不足や疲労などの免疫力の低下、ビデなどによる洗いすぎなどにより細菌(常在菌)が増殖して起こり、魚が腐ったような嫌な臭いのおりものが増えて、外陰部や膣にかゆみが生じます。

カンジダ性膣炎は、寝不足や疲労などの免疫力の低下、抗生物質の使用による常在菌バランスの乱れなどにより真菌の一種のカンジダが増殖して起こり、酒かす状、ヨーグルト状のおりものが増えて、外陰部や膣にかゆみが生じます。

トリコモナス性膣炎は、原虫の一種で性交渉などで感染します。

細菌性膣症(日本性感染症学会)

性器カンジダ症(日本性感染症学会)

・クラミジア
男性の場合、尿道の粘膜に違和感が生じることがあります。

・淋病
男性の場合、尿道の粘膜に違和感が生じることがあります。

・性器ヘルペス
最初はむずかゆさやヒリヒリした違和感から始まり、小さな水ぶくれを伴う痛みが生じます。

・接触性皮膚炎(かぶれ)
下着、外用薬、生理用品などで、皮膚がかぶれることによりかゆみが生じます。

・水虫
陰部の水虫は、いんきんたむし、股部白癬(こぶはくせん)とも呼ばれています。

・毛じらみ
陰毛に毛じらみの成虫や卵を確認することができます。

検査

疑われる病気により検査方法は異なります。

治療法

病気により治療法が異なります。

当院泌尿器科の診療内容

新宿駅前クリニック泌尿器科では、男性の陰部のかゆみの検査、診断、治療を保険診療でおこなっています。
市販薬でなかなか治らないため、当院にお越しになる方も少なくありません。
女性の陰部やデリケートゾーンのトラブル、女性のカンジダ、クラミジア、淋病、トリコモナス、性器ヘルペスの診療はおこなっておりません。産婦人科、婦人科におかかりください。


診療時間

  • ご都合のよろしい時間にご来院ください。
  • 11時~13時45分までは比較的空いております。 18時以降は混雑する場合があります。

混雑時間詳細はこちら

院内感染対策について

新宿駅前クリニック 診療時間と場所ご案内

.
 
午前
10:00-14:00
午後
15:30-19:00

予約不要 休診日:土曜・日曜・祝祭日
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

混雑時間詳細はこちら

院内感染対策について

produced by FARO