ウイルス性イボ(尋常性疣贅)とは(治療など) 新宿の皮膚科 新宿駅前クリニック

東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

新宿西口1分・南口2分 予約不要・保険診療

皮膚科の案内 皮膚科の案内
  • TOP
  • 皮膚科
  • ウイルス性イボ(尋常性疣贅)とは(治療など)

ウイルス性イボ(尋常性疣贅)

ウイルス性イボとは、ウイルス性疣贅をとも呼ばれており、いくつかの種類があります。
その中でも、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、手指や足裏の皮膚にウイルスが感染してしこりができます。

原因

ヒトパピローマウイルスが皮膚表面の傷から感染することにより起こります。このウイルスはコンジローマや、子宮頸がんを引き起こすものとは異なる型のヒトパピローマウイルスになります。

大人だけでなく子供もなりやすく、感染経路としては、人から人への直接接触だけでなく、プール、ジム、銭湯などの間接接触でも感染します。

イボ

症状

足裏、足指、手のひら、手指などに、盛り上がりのあるしこりができます。多くの場合で1箇所だけでなく、数カ所に同時発生します。最初は足にできて、触ってしまうことにより手指や手のひらに症状が拡がってしまうこともあります。

イボコロリなどの市販薬で自宅治療で悪化し、逆にイボが大きくなってしまったり、別の部位に多発してしまったりなど、自己流での治し方で症状が悪化してしまうことがあります。

早期発見、早期治療開始により、他の場所に拡がるのを防ぎます。

イボ

検査

検査は必要ありません。

診断

問診、視診、触診にて診断します。

イボは一般的にふくらみのある「できもの」のイメージですが、足の裏にできた場合には体重がかかることによってあまり隆起せず、外観が魚の目やタコと似ていることから受診が遅れがちになるケースがあります。

表面がザラザラしていて、少しだけ削ると黒い点が見られるのがイボの特徴です。黒い点はウイルスにより、増殖した毛細血管になります。

治療法

液体窒素による冷凍凝固法をおこないます。液体窒素に浸した綿棒を患部に数秒押しつけます。それを数回繰り返します。その日は入浴してかまいません。

液体窒素による冷凍凝固法では、マイナス196℃の液体窒素で冷やした綿棒でイボを凍結させることによって、感染した皮膚ごと壊死して剥がれます。剥がれた部分の下にある新たな皮膚が再生してきます。何度かくり返すことで、ウイルスに感染した部分に免疫が働き、正常な皮膚のみになります。

この療法では完治のために1回だけではなく、1~2週間に一度程度のペースで継続してクリニックに通う治療が必要になります。そのため職場や家の近くなど、無理なく通院しやすい皮膚科を選ばれることをおすすめします。

注意点

イボ

患者さまによっては冷凍凝固法で冷やす際の痛みを感じることがあります。痛みが強い場合には、加減を調整しますのでご遠慮なくお申し付けください。次の日に長時間歩く予定がある場合には、事前にお知らせください。足に負担がかからないように、軽めに施術をいたします。

冷凍凝固法をおこなった次の日などに、水ぶくれや血豆になることがありますが、大きな問題はありません。ガーゼや絆創膏を貼って、普段通りの生活をしてください。

手荒れを繰り返していると、手指や手のひらの傷からウイルスが感染してしまうことがありますので、手湿疹のケアが必要になります。



当院皮膚科の診療内容

新宿駅前クリニックの皮膚科では、「ウイルス性イボ(尋常性疣贅)」の診断と、液体窒素による冷凍凝固法にて治療をおこなっております。

なお、炭酸ガスレーザーなどの自由診療、首イボ(軟性線維腫)、水イボ(伝染性軟属腫)、青年性扁平疣贅の診療はおこなっておりません。


診療時間

  • ご都合のよろしい時間にご来院ください。
  • 11時~13時45分までは比較的空いております。 18時以降は混雑する場合があります。

混雑時間詳細はこちら

院内感染対策について

新宿駅前クリニック 診療時間と場所ご案内

.
 
午前
10:00-14:00
午後
15:30-19:00

予約不要 休診日:土曜・日曜・祝祭日
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

混雑時間詳細はこちら

院内感染対策について

produced by FARO