新型コロナPCR検査とは?方法・時間・費用など 新宿の内科 新宿駅前クリニック

東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

新宿西口1分・南口2分 予約不要・保険診療

新型コロナPCR検査 新型コロナPCR検査
  • TOP
  • 内科
  • 新型コロナPCR検査とは?方法・時間・費用など

新型コロナPCR検査とは?方法・時間・費用など


新型コロナPCR検査とは?

PCR検査とは、正式名称を「ポリメラーゼ連鎖反応」といい、英語ではPolymerase Chain Reactionと表記されます。ちなみに、PCRはピーシーアールと読みます。

ウイルスなどの遺伝子(DNA:デオキシリボ核酸)を増幅させて検出する技術てす。

新型コロナPCR検査では新型コロナウイルスに特徴的な遺伝子の配列を検出して、陽性(+)、もしくは陰性(-)で判定します。

PCR検査が陰性(-)であったとしても、感染していないとはいいきれません。精度(正確性)はデータにより異なりますが、感度(感染者がPCR検査で陽性になる割合)は70~90%前後ともいわれています。

PCR検査を受けるには

「新型コロナに感染したかもしれない?」と不安でPCR検査を受けたい場合には、どこで受ければいいのでしょうか?

PCR検査を受けるには、クリニックや病院などの医療機関やPCR検査センターで検査を受ける、自宅で採取して検査キットを郵送するなどの方法があります。

・クリニックや病院などの医療機関
PCR検査をおこなっているクリニックや病院などの医療機関で、保険診療(保険適応)や自由診療(保険適応外)で受けることができます。予約なしで当日検査を受けることができるクリニックと、予約が必要なクリニックがあります。

・PCR検査センター
PCR検査センターは木下グループや東亜産業などの民間の企業が運営しています。

東京都内では新宿、渋谷、池袋、東京、新橋、秋葉原、羽田空港などに、大阪府内では、梅田、難波などにあります。

・検査キット
ドラッグストアや薬局で市販されています。自宅で唾液を採取して、検査キットを検査会社に郵送します。

方法

検査の方法には、唾液、鼻腔、鼻咽頭の3種類があります。唾液や粘膜などの検体を採取する場所がそれぞれ異なり、受け方にも違いがあります。

検査の流れ

口の中に唾液をためて、ある程度たまったら唾液を容器に吐き出します。

同じことを繰り返し、2mlほど唾液をためます。

必要量がたまったら、ふたを閉めます。

唾液を採取する前の1時間は飲食、歯磨き、うがいはおこなわないでください。

鼻腔検査のやり方

鼻の穴の入り口から2~3cmほど綿棒を入れて粘膜を擦り採取します。鼻腔ぬぐい液での検査ともいいます。

鼻咽頭検査のやり方

インフルエンザ検査のときのように、鼻の奥まで綿棒を入れて粘膜を擦り採取します。鼻咽頭ぬぐい液での検査ともいいます。

唾液検査や鼻腔検査よりも精度が若干高いと考えられています。デメリットとしては、採取する際に痛みを感じることです。

結果が出るまでの時間

クリニックにより異なりますが、一般的には採取した日の翌日か翌々日までには検査結果がわかります。

検体を採取するクリニックと、判定をおこなう検査会社が異なるため、採取した検体をクリニックから検査会社へ移動させる必要があります。

PCR検査の装置により差がありますが、最短30分ほどで結果が判明する装置もあります。装置メーカーも、判定時間ができるだけ短くなるように日々研究しています。

抗原検査と抗体検査との違い

新型コロナの検査には、PCR検査、抗原検査、抗体検査の3種類があります。

現在、感染しているかどうかを調べるには、PCR検査、抗原検査をおこないます。

抗原検査はウイルス特有のタンパク質を検出します。

PCR検査と違い特殊な設備を必要とせず、鼻腔や鼻咽頭を綿棒で擦り、15~30分前後の短時間で検査結果が出ます。

PCR検査よりも簡易な検査となり、精度が若干落ちると考えられています。

新型コロナ抗体検査は、過去に感染したことがあるかどうか検査します。血液検査をおこない、数日以内で検査結果が出ます。

費用

医療機関で検査を受ける場合には、保険適応と保険適応外により費用が異なります。

保険適応(公費)

風邪症状があるなど新型コロナ感染が疑われたり、家族が感染し濃厚接触者となったりした場合には、医師がPCR検査をする必要があると判断したら、PCR検査費用は公費負担で無料になり、保険診療で自己負担3割なら診察料や処方せん料などで2000円ほどの支払いになります。

保険診療を受ける場合には、健康保険証が必要です。

ちなみに、抗原検査の費用も、PCR検査と同じく公費負担なら無料になります。

保険適応外(自費)

保険適応外であれば、保険診療ではなく、自費になります。自由診療のため医療機関ごとに料金を自由に設定することができます。

値段の相場としては、1~3万円前後で、陰性証明書を発行する場合は、別途3000~5000円前後かかります。

どこのクリニックも保険診療と自費の両方をおこなっているわけではありません。保険診療と自費の両方おこなっているクリニックと自費のみのクリニックがあります。

おかかりになる前に、ホームページで確認することをおすすめします。

濃厚接触者の定義

濃厚接触者とは、感染者と感染の可能性のある期間(感染者の症状が出る2日前から)に接触し、濃厚接触者の定義に当てはまった場合には、濃厚接触者となります。

https://www.city.itabashi.tokyo.jp/kenko/kansensho/mers/1030974/1026017.html
( 新型コロナウイルス感染症患者と接触のあった方へ)

濃厚接触者であれば、PCR検査も公費負担となります。

濃厚接触者として検査を受け、その結果陰性だったとしても、感染者と接触した日から14日間の健康観察が必要となり、外出自粛となります。

健康観察の期間が終了する日は、患者の感染可能な期間内に患者と接触した最終日の翌日から14日間が経過するまでになります。

当院の診療内容

新宿駅前クリニック内科では、新型コロナ感染を疑わせる風邪の症状がある方や濃厚接触者となった方に、新型コロナPCR検査を予約不要でおこなっています。保険適応(公費)で2000円ほどになります。

当クリニックでの検査方法は、鼻腔検査(鼻の入り口から2~3cmを擦る)になります。

風邪症状がなく濃厚接触者でない方は、自費(保険適応外)で25000円(税込)になります。保険適応(保険診療)ご希望でも、自費(保険適応外)になりますことご了承ください。

詳細は、新型コロナPCR検査(保険適応で2000円)のページをご覧ください。

新型コロナ抗体検査は、予約不要でおこなっております。抗体検査の費用(自費)は(IgGのみ・アボット社・CLIA法)を6000円(税込)になります。


診療時間

  • ご都合のよろしい時間にご来院ください。
  • 11時~13時45分までは比較的空いております。 18時以降は混雑する場合があります。

混雑時間詳細はこちら

院内感染対策について

新宿駅前クリニック 診療時間と場所ご案内

.
 
午前
10:00-14:00
午後
15:30-19:00

予約不要 休診日:土曜・日曜・祝祭日
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

混雑時間詳細はこちら

院内感染対策について

produced by FARO