尿道炎 新宿の泌尿器科 新宿駅前クリニック

東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

新宿西口1分・南口2分 予約不要・保険診療

泌尿器科の案内 泌尿器科の案内

尿道炎

新宿駅前クリニックの泌尿器科では、「尿道炎」の検査と飲み薬による治療を保険診療もしくは、自由診療にておこなっております。

尿道炎を疑う症状がでると、クラミジアや淋病に感染している可能性があり、同時におこないます。

保険適応で診療を受ける場合には、検査代や診察代だけでなく薬の処方も保険適用になり経済的です。

尿道炎

原因

クラミジア、淋菌、その他の細菌・ウイルスが尿道が尿道に感染することで起こります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎は、クラミジアと淋菌が検出されない尿道炎のことで、大腸菌・腸球菌・マイコプラズマ・ウレアプラズマなどの細菌、ウイルス、トリコモナスなどの原虫などが原因となります。

尿道炎:目次へ

症状

排尿時の違和感・痛み、頻尿、尿道から分泌物や膿が出るなどの症状があります。人によっては、それらの症状がまったく出ないケースもあります。

尿道炎:目次へ

検査

尿検査をおこないます。当院では、診察室で尿カップをお渡ししますので、トイレで採尿をしてください。

尿内にクラミジアや淋菌が含まれていないかどうか、菌のDNAを増幅させる精密検査になります。

検査結果はインターネット上で、確認することができます。

 

尿道炎:目次へ

検査費用(保険診療)

診察代とクラミジアと淋菌の検査代が、合計2500円前後になります。

尿道炎:目次へ

検査費用(自由診療)

保険診療を行わない場合には、診察代とクラミジアと淋菌の検査代で合計6000円(税込)になります。

尿道炎:目次へ

治療法

尿道炎の症状があれば、抗生物質の服用で治療を行います。水分も十分にとるようにしてください。
抗生物質を服用しても治りがよくない場合は、抗生物質の種類を変更します。

・何科にかかればいいのか?
泌尿器科におかかりください。

尿道炎:目次へ

治療費用(保険診療)

1週間分の薬代で、1000円前後になります。

尿道炎:目次へ

治療費用(自由診療)

保険診療を行わない場合には、1週間分の薬代で、9000円(税込)になります。

尿道炎:目次へ

注意点

尿検査において、クラミジアや淋病が陽性であった場合、治療終了後に完治したかどうか再検査する必要があります。

尿道炎:目次へ

当院泌尿器科の診療内容

新宿駅前クリニックの泌尿器科では、「尿道炎」の検査と飲み薬による治療を保険診療もしくは、自由診療にておこなっております。
尿道炎を疑う症状がでると、クラミジアや淋病に感染している可能性があり、同時におこないます。

保険適応で診療を受ける場合には、検査代や診察代だけでなく薬の処方も保険適用になり経済的です。


尿道炎:目次へ

診療時間

  • ご都合のよろしい時間にご来院ください。
  • 11時~13時45分までは比較的空いております。 18時以降は混雑する場合があります。
混雑時間詳細はこちら

新宿駅前クリニック 診療時間と場所ご案内

.
 
午前
10:00-14:00
午後
15:30-19:00

予約不要 休診日:土曜・日曜・祝祭日
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

混雑時間詳細はこちら

produced by FARO