乾燥肌とは?原因、症状、治療など 新宿の皮膚科 新宿駅前クリニック

東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

新宿西口1分・南口2分 予約不要・保険診療

皮膚科の案内 皮膚科の案内
  • TOP
  • 皮膚科
  • 乾燥肌とは?原因、症状、治療など

乾燥肌

乾燥肌とは、皮脂欠乏症、乾皮症、ドライスキンとも呼ばれ、通常よりも肌の水分や皮脂が不足して角質がはがれ、皮膚のバリア機能が損なわれている状態です。

原因

顔の洗いすぎ、合わない洗顔料の使用、入浴時のボディーソープによる洗いすぎ、暖房や冷房による空気の乾燥、加齢による皮脂の分泌量の低下により、肌の水分や皮脂が少なくなります。

高齢者だけでなく、赤ちゃんや子供にも起こりやすく、皮膚が乾燥することにより肌荒れもしやすい状態になります。

一般的には、空気が乾燥する冬に悪化して、逆に夏に改善する傾向にあります。

症状

皮膚がカサカサする、ガサガサになる、肌がつっぱる感じがする、白い粉がふく、ひび割れなどの症状があります。

悪化するとかゆみや痛みが生じます。

普段は感じなくても、入浴後や洗顔後にのみ症状を感じることもあります。

特に、皮脂の分泌が少ない部位(すね、膝、顔、肘、足裏のかかとなど)に起こりやすいです。
顔の乾燥しやすい部位としては、頬、口の周り、目の周りなどが挙げられます。

湿疹化すると、皮脂欠乏性湿疹(皮脂欠乏性皮膚炎)となります。

肌が乾燥していても、顔や背中が肌荒れしてニキビができることもあります。

治療法

乾燥しないように保湿剤の塗り薬を使用します。

使い心地を優先してかまいませんが、冬はクリームタイプ、夏はベタつきの少ないローションタイプを塗って使い分けることもあります。

皮膚の炎症が強い場合は、ステロイドを使用します。保湿剤を塗ってから、炎症が強い箇所のみステロイドを塗ることにより、ステロイドを患部にのみ塗ることができます。

注意点

・体を洗いすぎない
体を洗うときにナイロンタオルなど刺激のあるタオルを使用すると、皮脂が取れすぎてしまい皮膚のバリア機能が低下します。刺激の少ないタオルや手でやさしく洗ってください。

・刺激の強い服は避ける
ポリエステルなどの化学繊維の服や吸湿発熱素材でできた下着は、皮膚への刺激が強いので避けてください。


診療時間

  • ご都合のよろしい時間にご来院ください。
  • 11時~13時45分までは比較的空いております。 18時以降は混雑する場合があります。
混雑時間詳細はこちら

新宿駅前クリニック 診療時間と場所ご案内

.
 
午前
10:00-14:00
午後
15:30-19:00

予約不要 休診日:土曜・日曜・祝祭日
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

混雑時間詳細はこちら

produced by FARO