手湿疹(手荒れ) とは?原因、症状、治療など 新宿の皮膚科 新宿駅前クリニック

東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

新宿西口1分・南口2分 予約不要・保険診療

皮膚科の案内 皮膚科の案内
  • TOP
  • 皮膚科
  • 手湿疹(手荒れ) とは?原因、症状、治療など

手湿疹(手荒れ)

炊事や洗濯など水仕事をする主婦に多いため、主婦湿疹と呼ばれることもあります。

手を洗う回数の多い調理師や、シャンプーやパーマ液を使う美容師は手荒れしやすい職業です。

原因

手の皮膚表面は、他の部位よりも角質が厚く、手を外部からの様々な刺激から守っています。

水や洗剤などにより皮膚表面の水分や皮脂が減少する、化学物質に触れて刺激に敏感になる、アレルギー物質に接触する、物理的に摩擦されるなどを繰り返すことにより、引き起こされます。

元々皮膚のバリア機能が弱っているアトピー性皮膚炎や乾燥肌の人に起こりやすいとされています。

症状

手の甲・ひら・指のかさつきから始まり、ガサガサ、皮むけ、赤み、腫れ、水ぶくれ、ひび、あかぎれ、じくじく、かゆみなどの症状となります。

傷が深くなると痛みを感じることもあり、細菌感染を引き起こすこともあります。

検査

基本的には、特別な検査をしませんが、水虫が疑われる場合は、皮膚の一部を採取して検査することがあります。

治療法

乾燥している場合は、保湿剤の塗り薬を使用します。

かゆみや痛みがひどい場合には、ステロイドの塗り薬を使用します。手の甲やひらは、他の部位よりも皮膚が厚いため、皮膚の状態に合わせて強めのステロイドを使うこともあります。

軟膏タイプの塗り薬はべたつきがあるため、べたつきの少ないクリームタイプの塗り薬を使用することが一般的ですが、痛みがある場合は、クリームタイプよりも刺激の少ない軟膏タイプの塗り薬を選択します。

水仕事などで定期的に手を洗う必要がある場合は、保湿剤やステロイド剤も洗い流れてしまうため、こまめに塗るようにしてください。

注意点

原因となっていることを止めると改善していきますが、家事や仕事などで止めることができず、なかなか治らないという方も少なくありません。

洗剤や化学物質などに触れないように、手袋をして手を保護する必要があります。

ゴム手袋をすることを習慣にして、ゴム手袋だけでは蒸れてしまうようであれば、綿の手袋をしてからゴム手袋をしてください。

かゆみがひどく掻いてしまうと、さらに悪化して治りが悪くなります。ストレスにより掻いてしまう回数も増えてしまいますので、ストレスを溜めず、悪循環を止める工夫が重要です。


診療時間

  • ご都合のよろしい時間にご来院ください。
  • 11時~13時45分までは比較的空いております。 18時以降は混雑する場合があります。
混雑時間詳細はこちら

新宿駅前クリニック 診療時間と場所ご案内

.
 
午前
10:00-14:00
午後
15:30-19:00

予約不要 休診日:土曜・日曜・祝祭日
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

混雑時間詳細はこちら

produced by FARO