脂漏性皮膚炎とは(原因、治療、薬など) 新宿の皮膚科 新宿駅前クリニック

東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

新宿西口1分・南口2分 予約不要・保険診療

皮膚科の案内 皮膚科の案内
  • TOP
  • 皮膚科
  • 脂漏性皮膚炎とは(原因、治療、薬など)

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは、頭や顔面などの皮脂の分泌が盛んな箇所にできる湿疹で、脂漏性湿疹とも呼ばれています。

赤ちゃんから大人まで起こる病気で、生後数ヶ月頃に皮脂が過剰分泌されることによる脂漏性皮膚炎は、乳児脂漏性皮膚炎と呼ばれています。

原因

皮膚に常在するカビの一種「マラセチア」が異常に増殖すること、皮脂の分泌、肌質などが関係しています。

皮膚から皮脂が分泌されて、マラセチアが皮脂に含まれるトリグリセドを遊離脂肪酸へ分解し、その遊離脂肪酸が皮膚への炎症を引き起こすことが原因になっていると考えられています。

症状

耳の裏などの皮脂腺が発達している箇所に、赤み、かゆみ、皮むけなどの症状があります。頭皮に炎症が起こると皮膚が剥がれ、フケのようになります。

脂漏性皮膚炎

検査

特別な検査は必要ありませんが、単なるフケ症や乾燥肌、ほかの皮膚疾患ではないことを確認する必要があります。

診断

問診、視診を中心に診断します。皮膚の症状からフケ症だけでなくアトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎などともまぎらわしいこともあります。

治療法

カビ(真菌)が原因で起きると考えられているため、抗真菌薬やステロイドが含まれた塗り薬とローションタイプのつけ薬を中心に処方します。

頭皮は軟膏やクリームでは塗りにくいため、ローションタイプのつけ薬を使用します。炎症が起きている地肌に塗らないと効果が出ないため、ローションタイプは髪の根元につけるようにしてください。

皮脂の分泌を抑えるため、ビタミンB2やビタミンB6の飲み薬使用することもあります。

かゆみがひどい場合は、抗ヒスタミン薬の飲み薬を処方しておさえます。

注意点

脂漏性皮膚炎は生活習慣を見直すことで、改善が期待できる病気です。脂分の多い食事を減らし、ストレスや睡眠不足を避けることで悪化もしにくくなります。

ビタミンB類を多く含む食品(牛乳、卵、レバー、しじみ、ほうれん草、トマト、キャベツなど)をしっかりとるようにして、コーヒーやアルコール、香辛料も摂取しすぎないように注意してください。

さらに適切に洗顔を行うことや、シャンプーが原因になっている場合には切り替える必要があります。頭皮の状態は個人差が大きく、シャンプーは合う合わないの違いが出やすいものです。ご自身の頭皮や髪質に合ったものを探してみてください。


当院皮膚科の診療内容

新宿駅前クリニックの皮膚科では、「脂漏性皮膚炎」の治療をおこなっております。治療は、顔や体には抗真菌薬やステロイドが含まれた塗り薬、頭皮にはローションタイプのつけ薬が中心になります。

ローションタイプのつけ薬は、髪の毛ではなく頭の皮膚(頭皮)にたっぷりした量を塗ることで効果を発揮します。保険適応の範囲内になりますが、必要十分な量を処方しております。


診療時間

  • ご都合のよろしい時間にご来院ください。
  • 11時~13時45分までは比較的空いております。 18時以降は混雑する場合があります。

混雑時間詳細はこちら

院内感染対策について

新宿駅前クリニック 診療時間と場所ご案内

.
 
午前
10:00-14:00
午後
15:30-19:00

予約不要 休診日:土曜・日曜・祝祭日
東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル5F

混雑時間詳細はこちら

院内感染対策について

produced by FARO