いぼ・たこ・魚の目 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • いぼ・たこ・魚の目
 

いぼ

【マンガ01】
いぼ
【マンガ02】
いぼ

いぼとは、ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルスが皮膚に感染して起こる病気です。尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)とも呼ばれます。

ウイルス性のイボは、どの年齢層の人にもできますが、小児で最も多く高齢者では少なくなります。

なお、別の病気ではありますが、非ウイルス性のイボもイボの一種になります。

いぼの原因

手や足の目に見えない傷から,皮膚の細胞にウイルスが感染するために起こります。

特定のウイルスによって生じるイボは子宮頸がんの原因になることもあります。自己判断せず速やかに皮膚科のある病院を受診しましょう。

いぼの症状

一般的には、痛み、かゆみなどの症状はありませんが,足底に出来たイボが大きくなると,歩くときに痛みを感じることがあります。 はじめに、手足の指や足底に、小さいなだらかな皮膚の隆起が起こり、徐々に表面がザラザラしてきて、ドーム状に盛り上がります。

非ウイルス性のイボは紫外線との関係が深く、首や顔にできやすいと言われています。

いぼの検査

特にありません。まれに悪性が疑われる所見があれば検査をする場合があります。なお、当院皮膚科では、一部切除して悪性かどうかの精密検査(生検)はおこなっておりません。

いぼの診断

発生した部位や皮膚症状から診断が可能です。臨床的評価と、まれに生検を行うことで診断を行っています。 足底では平らなことが多く、タコや魚の目と見分けがつかないこともありますが、いぼの表面を削ると、黒いごまのような点状の出血が見られることが特徴です。

確実に確定できない場合は、そのサンプルを採取して顕微鏡で検査を行います。

いぼの治療法

いぼの大半、特に異常性疣贅は1~2年で事前に消失すると言われています。それ以外のいぼ治療は、(液体窒素(えきたいちっそ))による凍結療法が最も一般的です。

液体窒素で凍らせた綿棒を数秒間いぼに接触させて凍らせます。強く凍結させると、痛みが続いたり、水ぶくれになることもありますが、問題はありません。

液体窒素治療は、処置後に色素沈着が残りやすいため、肌ケアには注意が必要になります。いぼの大きさにより、1~2週間ごとに何度か繰り返す必要があります。いぼが大きい場合は、半年以上治療が必要なこともあります。

いぼの注意点

治療しないで放置しておくと、別の部位に広がることもあるため、早めの治療と継続が重要です。

自己判断せず、適切な治療が受けられるよう病院を受診しましょう。
原因がウイルス感染によるイボの場合は家族間でのタオルやスリッパなどの共用を避ける予防策が有効です。

また、皮膚の免疫力が弱い場所にできやすいと言われているので、ある程度皮膚を清潔に保つことや、紫外線を避けるなどの工夫も必要になります。
健康的な皮膚環境と免疫力向上でイボを予防しましょう。

たこ

たこ(タコ、胼胝)とは、皮膚の角質が肥厚した状態です。たこは、足の裏などの機械的な圧力、摩擦、衝撃がかかりやすい部位にできやすいです。

たこの症状

足の親指の付け根、踵などに出現することが多く、皮膚の表面が厚く硬くなります。通常、痛みはありませんが、大きくなると痛むこともあります。特に糖尿病の人は重症化しやすいので注意が必要です。外反母趾などで骨が出っ張っている部分にできることもあります。

たこの治療法

スピール膏を2~5日間貼り、角質をやわらかくして削ります。外からの刺激が加わった状態のままにしておくと、再発しやすくなります。足に窮屈な靴をはかないように気をつけましょう。また、足底粉瘤などの皮下腫瘍の影響で表面の皮膚にタコができていることがり、このような場合は原因である腫瘍の治療が必要です。

魚の目

魚の目

魚の目とは、角質層が、クサビ型に増殖し,皮膚の内側方向に向かうためそれによって神経が圧迫され歩行時に強い痛みがある皮膚の病気です。魚の目には,真ん中に丸い半透明の角質の塊(角栓)が見られます。鶏の目あるいは魚の目に似ているため,鶏眼(けいがん)、魚の目(うおのめ)とも呼ばれています。

魚の目の原因

足の形にあわない靴、長時間の立ち仕事、スポーツ、足の怪我などが原因で起こります。 機械的刺激が繰り返し加わることによって生じます。タコになるか、魚の目になるかは刺激の受け方によって変わります。

魚の目の症状

歩行時に強い痛みが生じます。 できやすい部位は足底の外周に近い部分、第4~5趾間です。押すよりもつまむ方が痛みを感じることが多いです。

放置していると悪化し、芯が成長して皮膚の奥深く、真皮にまで食い込みます。そうすると芯が神経を圧迫して刺激するため痛みを感じるようになり、ひどくなると歩行が困難になるほどの激痛を伴います。

魚の目の検査

特にありません。

魚の目の診断

表面を削って中央に半透明な角栓を認め、かつその周囲に角質肥厚が存在すれば、診断が可能です。一般的には、圧痛があれば魚の目、なければタコである可能性が高くなります。

魚の目の治療法

大きさ、深さ、硬さ、形状、周囲の皮膚状態、痛みの有無などにより治療法が異なる場合があります。中心が円錐状に角質増殖した部分が痛みの原因なので、中心の角質柱を円錐形に削ります。角質が硬い場合は、数日前からスピール膏を貼って、角質を柔らかくしてから削ります。大きくて深さがあるものの場合には、これを何度も繰り返す必要があります。

再発を繰り返さないためにも、魚の目の原因を根本的から改善する必要があります。 再発しやすいので根気良く治療しましょう。

いぼ・たこ・魚の目は何科にかかるべきか

いぼ・たこ・魚の目は皮膚科におかかりになるとよいでしょう。(新宿で皮膚科をお探しなら、新宿駅前クリニック皮膚科)へお気軽にご相談ください。

ページトップへ