膀胱炎 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 膀胱炎

膀胱炎とは

膀胱炎

膀胱は尿を体の中に一時的に貯めた後、体の外へ尿を排出する役割を持つ臓器です。膀胱の壁は筋肉でできており、内側は粘膜で覆われています。 膀胱炎とは、大腸菌などの細菌が尿道から侵入して、膀胱の粘膜で増殖して起こる病気です。一般的にいわれる膀胱炎とは、急性膀胱炎を指します。急性膀胱炎は女性に多く、男性に起こることは稀です。女性の尿道は約3~4㎝、男性の尿道は約16~20㎝といわれています。このように女性は尿道が短く、肛門や腟が尿道から近く細菌が侵入しやすいために女性に起こりやすい病気です。膀胱炎は女性であれば誰しもなる可能性のある、非常にポピュラーな病気といえるでしょう。特に働く女性や、更年期の女性に多いといわれています。一度膀胱炎になると、たびたび繰り返す方が多く、予防も大切です。男性が膀胱炎になった場合には、前立腺肥大や前立腺炎、尿結石や膀胱がんなど他の疾患の可能性があるため、精密検査が必要となります。(男性の膀胱炎の精密検査は新宿駅前クリニック泌尿器科ではおこなっておりませんので、大学病院や総合病院泌尿器科をご受診ください)

急性膀胱炎とは異なり、慢性の症状をたどる慢性膀胱炎があります。こちらは一般的な膀胱炎とは異なり基礎疾患がある方が多く、女性だけでなく男性にも起こります。原因となる基礎疾患はさまざまですが、膀胱結石や尿路結石、糖尿病、膀胱がんなどがあります。例えば膀胱結石の場合、結石の周りに細菌が付着し、これが原因として膀胱炎を発症することがあります。この場合原因となる結石を取り除く必要がありますが、難しい場合には症状に対して適切な治療を検討する必要があります。慢性膀胱炎の症状は、急性膀胱炎よりも軽く、無自覚なこともあります。

膀胱炎の原因

膀胱炎のほとんどは、細菌の感染が原因で起こります。細菌のほとんどは大腸菌です。大腸菌は腸の内部に棲みついているため、肛門や膣周囲にも存在します。健康な状態であれば体の抵抗力により感染することはありません。しかしながら、風邪や過労などによる抵抗力の低下、ストレスなどにより免疫力が衰えることで感染しやすくなります。また、清潔でない状態で性行為をすることにより、膀胱炎になるおそれが高まります。これはパートナーの指や唾液に雑菌がついている場合、性行為により尿道口が傷つくことで、細菌に感染する可能性が高まるためです。さらに長時間トイレを我慢することにより、膀胱内で細菌が増殖し、膀胱炎になりやすくなります。このように尿道に細菌が侵入すると、増殖を抑えられずに、膀胱の粘膜に炎症を起こします。

膀胱炎

膀胱炎の症状

膀胱炎

排尿時の痛み、頻尿、残尿感、下腹部痛、尿の混濁などが特徴的な症状です。
排尿時の痛みは細菌が増殖してくると、特に尿が出終わる時に痛みが現れます。排尿により炎症した膀胱が急速に縮まることにより、刺激され起こる痛みです。「ツーンとした痛み」「おしっこの終わりに染みる」として表現されることがありますが、痛みの感じ方は人それぞれでしょう。痛む場所は、尿道口や下腹部などが多いようです。このような痛みが生じる原因は、炎症を起こした膀胱が排尿により急速に縮むことで、膀胱粘膜が刺激されるためです。
頻尿では尿意を催す頻度が高くなり、トイレに行く回数が増えます。1日に数10回以上、10分間隔でトイレにいくこともあります。トイレが終わっても、まだ排尿したいような、不快な感覚が残るなどの残尿感を伴うことも多々あります。尿の混濁は細菌の感染により起こりますが、進行すると細菌が増殖して膀胱粘膜が傷つけられて目でみてわかるくらいの血尿になることもあります。
膀胱炎では通常は発熱することはなく、高熱や腰痛がある場合には腎臓にまで炎症が波及して腎盂腎炎を起こしている可能性があります。腎盂腎炎とは、尿をつくる器官である腎臓に細菌が感染する病気です。一般的に膀胱炎のみでは発熱することはありませんが、発熱を伴う場合は腎盂腎炎まで進行していることがあります。膀胱炎を我慢し放置することにより、膀胱の細菌が腎臓まで到達する可能性があるため、早めの受診が必要です。少しでも異常を感じた場合は、早めに泌尿器科に受診しましょう。

膀胱炎の検査

尿検査を行ないます。尿の性状を調べることで、からだの中の多くの情報を知ることが可能です。尿を採取するだけですので、痛みを伴うこうとはありません。尿は出始めではなく、中間のもの(中間尿)を採取しましょう。出始めの尿には、おりものなどが混入している可能性があり、細菌が混入するおそれがあるためです。
膀胱炎の場合、尿検査では白血球および細菌を多数認めます。これは体の中に侵入した細菌を白血球が倒そうとするためです。また、膀胱内の細菌が尿素をアンモニアへ分解するため、尿pHがアルカリ性を示します。さらに、尿潜血反応を確認することで、目に見えない出血を確認することができます。一方、血液検査では全身の炎症所見を認めません。
尿の細菌培養検査では、大腸菌が検出されるかどうか確認します。膀胱内は本来無菌です。尿を培養することで細菌の種類がわかるため、抗菌薬の効果などを確認できます。この検査は数日以上かかることが一般的です。

膀胱炎の治療法

治療は薬物療法が中心になります。薬物療法は大腸菌に有効とされている抗菌薬(クラビット、フロモックス)を5日間内服します。症状が強ければ、7日間内服することもあります。内服を初めて2~3日程度で症状が落ち着くこともありますが、処方された薬はしっかり飲み切りましょう。近年では薬剤耐性菌により、患者様によっては処方されて抗菌薬で効果がでないこともあります。その場合は尿培養などの検査を行い、効果のある薬剤へ変更することもあります。
また、クラビットは妊婦への投与は禁忌とされていますので、妊娠の有無をしっかり伝えましょう。

膀胱炎の予後

通常は、3日前後で症状が軽くなりますが、完全に菌をなくすために、5日間は薬を飲み続けます。
男性で膀胱炎を繰り返す場合には、ほかの病気が潜んでいる可能性があります。細菌を原因とする膀胱炎を繰り返すことは稀ですので、原因をはっきりさせることが大切です。

膀胱炎の日常生活の注意点

膀胱炎にならないために、膀胱炎予防をすることが大切です。予防には、「菌を増やさないこと」「菌を入れないこと」「免疫力を保つこと」が必要となります。少しの心がけで、膀胱炎を予防することができます。

  1. 膀胱で菌を増やさない
    水分を多めにとり、排尿をスムーズにして菌を排出しやすくしましょう。トイレを長時間我慢しないようにします。尿の中には、細菌の繁殖に必要となる栄養分が含まれています。また、細菌にとって、膀胱の中は繁殖しやすい温度です。このため、トイレを我慢することで、膀胱に炎症を起こす可能性が高まります。排尿をすることは、膀胱の中を洗い流す作用があるということです。尿意がない場合でも、意識的に3~4時間おきにトイレに行くことで、膀胱内での細菌の増殖を防ぐように心がけましょう。
  2. 膀胱に菌を入れない
    膀胱に菌を入れないためには、清潔にすることを心掛けましょう。特に女性は、体の構造上、膀胱の入り口である尿道が膣や肛門の付近にあるため、菌が入りやすい状態です。女性の場合、排便後に前から後ろに拭くようにして、肛門の菌が尿道に感染しないようにします。また拭く際には、トイレットペーパーを優しく当てるように心がけましょう。ビデ機能については賛否両論あるようですが、排尿のみの時は控えるとよいでしょう。ビデ機能は局部を清潔に保つために開発されたものですが、細菌の侵入を防ぐ常在菌までも洗い流してしまう可能性があります。また、ビデの水流が尿道口に流入することで、大腸菌などに感染するリスクを高めてしまう可能性があります。
    欧米の研究によると、若い女性の約70%が性交により膀胱炎にかかるそうです。性交の前には、パートナーと共に陰部や手指を清潔に保ち、性交の後は陰部をシャワーで流しましょう。性交後は排尿して、尿道や膀胱に入った細菌を排出するようにします。不特定多数の性交も、膀胱炎のリスクを増加させます。コンドームの着用は性感染症の予防はもちろんですが、膀胱炎予防にも効果的です。
    また女性の場合、月に一度の月経があります。血液は栄養に富んでいるため、細菌が繁殖しやすくなっています。生理用ナプキンなどをこまめに替えて清潔を保つようにしましょう。また月経周期により、便秘になりやすくなる女性もいるかもしれません。便秘によって膀胱炎になる可能性が高まることもありますので、水分摂取や食物繊維などを取り入れ、健康的な排便習慣を目指しましょう。
  3. 免疫力を低下させない
    疲労をためずに、睡眠をこころがけバランスの取れた食事をとり、急激なダイエットはせずに、体力の低下を防ぎます。
    風邪を引いた状態や、睡眠不足、栄養不足などの状態では免疫力が低下するため、細菌に感染しやすくなります。また、からだの冷えは血流の低下を招きます。膀胱や膀胱周囲の血流低下により、膀胱の機能が低下すると膀胱炎の原因になる可能性がありますので注意が必要です。軽い運動を取り入れるなどして、健康的な生活を心がけましょう。
    「もしかして膀胱炎かも」「おしっこが変だな」と思ったら、早めに泌尿器科を受診しましょう。

よくある質問と答え

膀胱炎は、何科にかかればいいですか?

専門的には、泌尿器科におかかりになるのがよいでしょうが、内科のクリニックでも診療している場合もあります。一般的には、総合病院や大学病院レベルの施設でなくても、診療所レベルで対応可能です。

閉じる
膀胱炎は、男性になりにくいのはなぜですか?

膀胱炎は、男女ともに尿道から細菌が入り、膀胱に感染して炎症が広がります。男性は尿道が長く、細菌が膀胱まで到達しにくいため、膀胱炎になりにくいです。

閉じる
膀胱炎は、性交渉で感染しますか?

膀胱炎の原因菌は、大腸菌や腸球菌など便や皮膚表面に存在する菌です。性交渉で感染する病気、いわゆる性病ではありません。ただ、性交渉により、物理的刺激により、膀胱炎になりやすくなることはあります。

閉じる
膀胱炎は、再発することはありますか?

1度治っても、再発することはよくあります。細菌が増殖して炎症がひどくなる前に、早めに治療を開始すれば、短期間で症状が改善します。

閉じる
実際の1日の流れを教えてください。

閉じる
膀胱炎になると、どのような症状がありますか?

膀胱に細菌が感染して増殖し、炎症が起こって症状が引き起こされます。症状は個人差がありますが、排尿時の違和感、痛み、灼熱感、残尿感、下腹部の痛み、血尿などの症状があります。当然、全ての症状が当てはまるわけではなく、排尿時の違和感のみで、それ以外の症状はないこともあります。また、尿に血が混じっている場合も、目で見てわかる肉眼的血尿と、目で見てもわからず、尿検査によって確認できる尿潜血陽性に分けられます。

閉じる
膀胱炎は、どのような検査をしますか?

膀胱炎を疑わせる症状があれば、受付で、紙カップと、スピッツと、茶色い紙袋をお渡ししますので、入り口を出て右奥に女性用のトイレがありますので、そちらの個室で採尿をお願いいたします。トイレの中にある医療廃棄物用のゴミ箱に、紙コップは捨てていただいて、スピッツのみ紙袋に入れて、受付へ紙袋に入れてお渡しください。簡易検査のキットを使用して、尿中に白血球、尿潜血の有無を検査します。おおよそ、10分ほどで、簡易検査結果は判明します。膀胱炎の場合ですと、細菌が膀胱の粘膜に感染して、細菌と戦った白血球の死骸や、膀胱の粘膜に炎症が起こり出血することにより血液が検出されます。

閉じる
尿培養検査ではどのようなことがわかりますか?

膀胱炎が疑われる場合は、簡易検査以外にも、検査会社にて精密検査をおこないます。どのような細菌が原因になっているのか、抗生物質に対してその細菌が効果的かどうかを調べます。細菌の多くは、大腸菌や腸球菌のことがほとんどですが、抗生物質の効きが悪かった場合などは、薬剤感受性(薬の効きやすさ)を参考に抗生物質を変更します。

閉じる
膀胱炎に、抗生物質が効きにくいことがありますか?

膀胱炎を引き起こしている細菌が、抗生物質が効きにくい薬剤耐性菌である場合もあります。尿培養検査でどの抗生物質が効きやすい、効きにくいか(薬剤感受性)を調べます。だいたい1週間くらいで、薬剤感受性含め尿培養検査の結果が判明します。

閉じる
膀胱炎を放置しておくと、どうなりますか?

抗生物質なしでも、自然に治ることもなきにしもあらずですが、症状が悪化して、細菌が尿管を通り、腎臓まで細菌が増殖すると、腎う腎炎になることがあります。膀胱炎は、通常は発熱しないのですが、腎う腎炎は、発熱して、腰付近が痛くなるのが特徴になります。腎う腎炎の場合は、入院になることもあります。

閉じる
ページトップへ