口唇ヘルペス 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 口唇ヘルペス
 

口唇ヘルペス

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスとは単純ヘルペスウイルス(herpes simplex virus:HSV)が感染、再発を繰り返す皮膚の感染症です。唇や口のまわりに出来るものを口唇ヘルペスといいます。医学用語ではヘルペスとは水ぶくれの集まりという意味があります。
なお、性器にできるヘルペスは、(性器ヘルペス)と呼ばれています。

口唇ヘルペスの原因

HSVは、ほとんど全ての臓器と皮膚粘膜から検出されます。HSV感染の臨床症状および経過は、関連する解剖学的な部位、年齢、宿主の免疫状態、そして感染するHSVの型によって決まります。通常、HSVの初感染では、全身症状が見られ、再発に比べて、長期間に渡って症状が出ることが特徴的です。なお、口唇ヘルペスの原因となるのはHSV-1です。

HSVに一度感染すると口唇の周りの神経細胞の中に隠れ潜み、ウイルスが神経細胞の中でじっと潜伏している間は、ヘルペスの症状は出てきません。ところが、 風邪、過度の紫外線、疲労、ストレス、疲労、胃腸障害など体の免疫力の低下が誘引となり発症します。

口唇ヘルペスの症状

再発性の口唇ヘルペスは、再活性化したHSV感染で最も頻度の高い臨床症状です。

症状はまず口唇の周りに、チクチク、ムズムズなどの違和感がでてきて、皮膚が赤くはれてきます。その後に水ぶくれができて、数日でかさぶたになって乾いて治ります。細菌感染が起きなければ、ほとんどがあとを残すことはありません。

口唇ヘルペスの治療法

治療はウイルスの増殖をおさえる抗ウイルス薬の内服が中心になります。早くに治療を開始すれば、より早く症状が治まります。症状が軽い場合は飲み薬は使用せず、抗ウイルス薬の塗り薬で治療することもあります。抗ウイルス薬を1日に2回(朝・夕食後)5日間内服します。痛みが強い場合は鎮痛剤の内服をすることもあります。

口唇ヘルペスの予後

数日でかさぶたになって乾いて、治るまでは炎症の度合いによっても異なります が、1~2週間かかることが多いです。

口唇ヘルペスの注意点

口唇ヘルペスは繰り返すことが多いため、口唇にムズムズやチクチクなどの前兆を感じたら、早めに治療を開始すると治りが早くなります。

免疫抑制状態の人は要注意です。

移植や癌治療、 AIDSなどで免疫状態が良好でない方は、HSV感染が重症化する可能性があるため、要注意です。免疫抑制患者では、HSV感染が粘膜および深部の皮膚層に達することがあります。粘膜が脆くなり、壊死、出血、激痛が起こります。

なお、HSV粘膜炎の病変は、細胞障害性薬物療法、外傷、真菌あるいは細菌感染に起因する粘膜病変と臨床的に類似しており、病歴や診察から鑑別する必要があります。

持続的な潰瘍性HSV感染は、AIDS患者最も頻度の高い感染症の一つでもあります。全身的な抗ウイルス薬療法は治癒を早め、免疫抑制患者における粘膜の痛みを和らげる目的でも行われます。

移植に伴うHSV感染

移植に際して、レシピエントは免疫抑制剤を服用する必要があります。これは、他人の臓器に対する拒絶反応を抑制する目的で行われますが、同時にウイルスや細菌に対する免疫力も低下してしまいます。

移植の早期のHSV再活性化の頻度は高く、50〜90%の確率で見られます。予防としてアシクロビルやペンシクロビルの静脈内投与あるいは経口投与のような、抗ウイルス薬の予防投与は再活性化の頻度の低下に用いられます。

アトピー性湿疹患者は重症化のリスク

アトピー性湿疹患者様では重篤な口唇顔面ヘルペス(ヘルペス性湿疹)を生じることがあります。これは急速に皮膚の広範な領域に広がることがあります。

HSV感染とBell麻痺

Bell麻痺とは、顔面神経麻痺により、顔の半分が動かなくなる疾患のことです。HSVや水痘帯状疱疹ウイルス( VZV)はこのBell麻痺の病因であると考えられてきました。

いくつかの試験において、ステロイドの併用の有無にかかわらず、抗ウイルス薬の迅速投与によって顔面神経麻痺が治癒することが証明されています。

しかし、効果がなかったとする報告もあるため、Bell麻痺治療に対してHSV-1とVZVの関連を仮定した、ステロイドと抗ウイルス薬の併用を行うかについてはコンセンサスが得られていません。

口唇ヘルペスは何科にかかるべきか

口唇ヘルペスは皮膚科におかかりになるとよいでしょう。(新宿で皮膚科をお探しなら、新宿駅前クリニック)へお気軽にご相談ください。

口唇ヘルペスの豆知識

ページトップへ