湿疹 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 湿疹
 

湿疹

湿疹

湿疹の原因

湿疹は、皮膚の表面で炎症が起こる皮膚の病気です。湿疹の原因には、体質的な要素、物理的刺激、化学的刺激、アレルゲンなどがあげられます。また食べ物やストレスによっても引き起こされます。湿疹は急性湿疹と慢性湿疹に分けられます。

湿疹はよく、発疹やじんましんと混同されることが多い病気です。じんましんとの違いは、その症状にあります。じんましんの場合は、赤みを伴った盛り上がりのあるブツブツが、短期間で現れたり消えたりします。一方、湿疹ではそのような症状はありません。

発疹は皮膚に現れる病気の総称です。すなわち、湿疹も発疹の一部ということになります。

湿疹の症状

湿疹の症状は、かゆみを伴うことが多く、皮膚の赤み、盛り上がったぶつぶつ、小さな水ぶくれ、膿をもつなどがあります。その後、時間がたつと、ジュクジュクとただれた状態、かさぶた、かさぶたがはがれます。湿疹によって、いくつかの病名に分けられています。

接触性皮膚炎(かぶれ)

皮膚に接触した物質の刺激、あるいはアレルギー反応により、接触した部位に限られた皮膚の炎症を起こす病気です。

アトピー性皮膚炎

主な症状は、湿疹とかゆみです。再発を繰り返し慢性の状態が続く傾向にあります。もともとアレルギー体質の人に起こりやすい病気です。

脂漏性皮膚炎

皮脂の分泌機能異常などにより、皮膚に炎症を起こします。頭にできると、フケがでることがあります。

皮脂欠乏性湿疹

老化などの原因により皮脂の分泌が減少することで、皮膚が乾燥しカサカサになったり、ひび割れたりします。さらに進行すると、強いかゆみや掻き壊しによる出血など生じます。

貨幣状湿疹

乾燥や掻き壊しなどにより、貨幣のような形をした湿疹ができます。

自家感作性皮膚炎

アレルギー反応により、激しい痒みを伴う赤い湿疹を生じます。

ヴィダール苔癬(たいせん)

皮膚がごわごわと盛り上がり、強い痒みを伴います。

汗疱(かんぽう)

原因は汗と関係しているといわれており、掌や足の裏などに小さなブツブツができます。

手湿疹

水仕事など手を使う人に多く、乾燥、皮膚の角質が異常に厚くなったり、ひび割れなどの症状がでます。主婦湿疹とも呼ばれています。

湿疹の検査

特にありません。湿疹以外に水虫が疑われる場合は皮膚の一部を採取することがあります。また、体の中からの原因が疑われる場合は採血の検査をすることもあります。

湿疹の診断

問診や視診など、医師の診察により判断します。

湿疹の治療法

湿疹治療

湿疹の状態にあわせて治療します。頭、顔、体、陰部、手、足など皮膚の厚さが違いますので、皮膚の状態にあわせた薬を使用することが大切です。
皮膚の乾燥があれば、皮膚の状態にあわせて保湿剤を使用します。
かゆみがあれば、ステロイドの塗り薬やかゆみ止めの塗り薬や、抗アレルギー剤の飲み薬を使用します。

湿疹の注意点

湿疹はかゆみを伴うことが多く、夜寝ている間にかいてしまい、ひどい場合だと眠れないこともあります。湿疹のかゆみは熱くなったり、血行がよくなるとかゆみが増しますので、熱いお風呂は避けましょう。体を洗う際には患部をゴシゴシこすらず、泡立てた泡で優しく洗ってください。また、刺激性食品であるアルコールや香辛料を摂取するのは避けてください。

衣類は、ナイロン、絹、ウール製品などで湿疹が悪化する場合があるため、注意が必要です。通気性が良く吸水性に優れ、肌あたりのよいものを選びましょう。また、ベッドシーツやまくらカバーなどを清潔に保つようにしましょう。

湿疹は自分自身だけでなく、他人の目に触れる場所にもできやすいため、悩みや精神的なストレスとなることもあります。自己流の治療が湿疹を悪化させることもありますので、早めに皮膚科を受診して適切な治療を受けましょう。

湿疹は何科にかかるべきか

湿疹は皮膚科におかかりになるとよいでしょう。(新宿で皮膚科をお探しの方は、新宿駅前クリニック皮膚科)へお気軽にご相談ください。

ページトップへ