蕁麻疹(じんましん) 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 蕁麻疹(じんましん)
 

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹とは、激しいかゆみを伴い、皮膚が蚊に刺されたように、赤くなり腫れ盛り上がる病気です。地図のように不規則な形や米粒くらいの円形の大きさなどいろいろな形状になります。
数時間くらいで消えて、また違う場所に出現することが多く、体にできる部位も一定ではありません。
通常は24時間以内に発疹はおさまります。発疹が4週以上にわたって繰り返し続く場合は慢性じんま疹と呼ばれています。皮膚の真皮にある肥満細胞がヒスタミンという物質を作り出し、かゆみとともに毛細血管が拡張して、血管の透過性が高まり、皮膚の浮腫を起こさせ、皮膚を盛り上がらせます。血管の透過性が高まるというのは、血管から真皮へと物質や液体が移動しやすくなっている状態を指します。
物質とは、例えば免疫機能をつかさどっている白血球、液体とは例えば血液の中の液体成分である血漿が真皮へと漏出してしまいます。血漿が真皮へと漏出するため、むくんだような形の蕁麻疹が引き起こされます。
5人に1人が、一生に一度は経験することがある頻度の高い病気です。

蕁麻疹(じんましん)の原因

原因は、食べ物、ほこり、精神的なストレス、日光、圧迫摩擦などの物理的刺激、薬、ウイルスや細菌による感染症など様々なものあります。薬や食べ物が原因となる場合はアレルギー性のことが多く、再度、原因の薬や食べ物を摂取すると、繰り返し症状が出現します。また、膠原病という自己免疫疾患の中でもじんま疹が出るものがあります。全身性エリテマトーデスやシェーグレン症候群などが代表的です。しかし、それ以外の場合は、じんま疹が出る仕組みははっきりとわかっていません。最近になりマスト細胞に作用してヒスタミンを分泌させる自己抗体が原因の場合があることもわかってきました。このマスト細胞が関わるアレルギー反応はⅠ型アレルギーと呼ばれていて、アナフィラキシーショックなどをおこすアレルギーと同様の型です。アナフィラキシーショックと蕁麻疹が同時に出ることがあるのが食物依存性運動誘発型アナフィラキシーショックで、アレルゲンになる物質を摂取したのち、すぐに運動をするとアナフィラキシーショックを誘発してしまうアレルギー反応です。何か食べて運動した際にじんま疹が出る場合は要注意です。なお、慢性じんま疹の約80%は原因不明といわれています。

蕁麻疹(じんましん)の症状

蕁麻疹の多くは、強いかゆみとともに身体の部位に、赤みががった、みみずばれのような発疹が急に出現します。かゆみが強いためにかくと、蚊に刺されたように、引っかいた部位がみみずばれのように腫れることもあります。じんましんの症状には、焼けるような熱さやチクチクとしたりすることもあったり、悪化すると痛みを感じることもあります。どうしようもないくらい強いかゆみを感じることが多いのですが、実は存在感がありながら、かゆみをあまり感じないこともあり、一目でじんましんになったと判断することは難しいです。症状は通常、24時間以内には痕(あと)を残さないで、きれいに治ってしまいます。数日間は新しい発疹が続くことがあり、慢性化することもあります。一般にいわれるほど、肝臓など内臓異常の頻度は高くありません。

蕁麻疹(じんましん)の検査

蕁麻疹は原因が不明のことが多いですが、内臓の異常が原因でないか調べるため、血液検査を行うこともあります。なお、皮膚をこすると、皮膚が赤くなったのち、膨疹が誘発されます。このことを紅色皮膚描記法といいます。白色皮膚描記法というのもありますが、こちらはアレルギー性皮膚炎の際に誘発される検査で、じんま疹とは異なりこすると皮膚が白くなります。

蕁麻疹(じんましん)の診断

症状と特徴的な皮膚の状態から診断します。一時的なもので、痕を残さず消えることが、診断のポイントです。食物アレルギーが考えられる場合は、血液検査にてIgE抗体などを調べます。膠原病が考えられる場合は自己抗体を調べます。具体的には、全身性エリテマトーデスであればdsDNA抗体、シェーグレン症候群ではSS-A抗体、SS-B抗体などを測定します。

蕁麻疹(じんましん)の治療法

じんましん治療

蕁麻疹の治療法は薬物療法が中心になります。原因を確定することが難しいのですが、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬が、主な治療法です。症状が出なくなるまで、内服を続けてもらい、自然に治るのを待ちます。抗ヒスタミン薬はじんましんの原因物質であるヒスタミンを出しにくくして、出てきたヒスタミンも血管に行き届かないように抑制する薬です。抗ヒスタミン薬は眠気を誘発することもあるため、眠気がある場合は別の種類の抗ヒスタミン薬に変更される場合もあります。 症状が強い場合はステロイド薬を飲むこともあります。慢性じんましんの患者さんの中には、一般的には胃薬として使われている薬が有効なこともあります。抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬にはいくつかの種類があり、人によって合う薬、合わない薬があります。1週間前後の内服が終了し改善がないようなら、変更ないしは、薬剤を追加して調節します。1回でその薬剤が合う人もいれば、2、3回変更になる人もいます。自分に合った薬を見つけることが大切です。

蕁麻疹(じんましん)の予後

急性蕁麻疹であれば、症状にもよりますが、3,4日で消えます。慢性蕁麻疹であれば、治るまで半年以上かかることもあります。

蕁麻疹(じんましん)の日常生活の注意点

蕁麻疹を起こしやすい特定の食べものや物質があれば、まず第一にそういった物質を摂取、接触しないことが重要です。また、辛いものを食べたり、アルコールの飲みすぎは皮膚の血行をよくして、かゆみが強くなるため控えたほうがよいです。

蕁麻疹(じんましん)の注意点

かゆみを伴うため、掻いてしまい、蕁麻疹が広がり繰り返すこともあります。かゆみの悪循環にならないように、内服薬を続けることが大切です。
蕁麻疹ではアナフィラキシーショックを発症することもあります。アナフィラキシーショックの際には、状態に合わせて適切に治療を行わないと、呼吸困難になり、最悪の場合、命を落とす可能性もあります。
アナフィラキシーショックを起こした場合、エピペンという注射を自分に(主に大腿部)注射する方法もあります。(当院では処方しておりません)

蕁麻疹(じんましん)は何科にかかるべきか

蕁麻疹でお悩みの方は、皮膚科を受診されるとよいでしょう。(新宿で皮膚科をお探しなら、新宿駅前クリニック皮膚科)へお気軽にご相談ください。

なお、呼吸困難などのアナフィラキシーショックを疑わせる症状がある方は、救急外来を受診してください。

ページトップへ