エピデュオゲル 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • エピデュオゲル
 

エピデュオゲル

エピデュオゲルは思春期や青年期に過剰な皮脂分泌が原因で発症する尋常性ざ瘡いわゆるニキビの治療薬です。
一般名をアダパレン・過酸化ベンゾイルといいます。

ニキビは痕になってしまう前に治療することが大切です。ニキビにはサイクルがあり

白ニキビ(毛穴に新しい皮脂が溜まった状態)
→ 黒ニキビ(溜まった皮脂が酸化され表面が黒くなった状態)
→ 炎症ニキビ(アクネ菌が増殖し炎症起こした状態)
→ 膿胞性ニキビ(ニキビから皮脂や遊離脂肪酸がでてきて周辺に炎症が拡がった状態)
→ 白ニキビ

とこのサイクルを繰り替えしています。
このサイクルを繰り返しているといずれニキビ痕となって永久的に顔に残ることになってしまいます。

エピデュオゲルの適応対象の症状

尋常性ざ瘡(にきび)は皮脂腺の分泌の活発化によって発生します。
思春期頃から増えてきて自然に治ることがほとんどですが症状が強いと痕が残ってしまうこともあります。

皮脂は毛嚢を経て外へ排出されますが皮脂に含まれている遊離脂肪酸の刺激により毛嚢の出口に角質増殖が起こります。
その結果毛穴がふさがりその中にさらに皮脂がたまると毛嚢の出口にすみついているアクネ菌が分泌するリパーゼの活性化が起こり、毛嚢全体に炎症が発生します。

そして赤く、腫れあがった尋常性ざ瘡(にきび)へ発展します。

エピデュオゲルの作用

エピデュオゲルに含まれているアダパレンは表皮における角化細胞の分化抑制作用や毛穴のつまりを解消させる作用をもち、毛嚢内に角化細胞が溜まるのを防ぎます。
そして過酸化ベンゾイルがアクネ菌に対する抗菌作用を有し、毛嚢からアクネ菌を排除していきます。

エピデュオゲルの使用方法

通常夕方から就寝時の1日1回、洗顔後に患部に適切な量を塗布します。
ただし顔のニキビのみに使用し、切り傷、擦り傷、湿疹のあるところには塗らないでください。
また眼、口唇などの粘膜へ塗布することは控えてください。

エピデュオゲルの副作用・注意点

主な皮膚の副作用としてアレルギー性皮膚炎、皮膚の痛み、皮膚の皮むけ、あかみ、かゆみ、日光過敏などが報告されています。
また皮膚以外の症状として顔面腫脹、眼瞼炎、眼瞼腫脹、咽頭絞扼感(のどが締め付けられる感じ)、単純ヘルペス、ほてり、口角炎、白血球減少などが副作用として報告されておりこれらがみられた場合には使用を中止し速やかにかかりつけ医に相談してください。

使用上の注意点としては妊婦または妊娠している可能性のある女性に対しては使用しないこと、他の刺激性のある外用剤との併用の際には皮膚刺激感が増す恐れがあるため十分に注意して使用することなどがあります。

エピデュオゲルでニキビ治療を受けるには何科にかかるべきか

エピデュオゲルでニキビ治療を受けるには、保険診療の皮膚科におかかりになるとよいでしょう。新宿で皮膚科をお探しなら、新宿駅前クリニック皮膚科にお気軽にご相談ください。

ページトップへ