デュアックゲル 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • デュアックゲル
 

デュアックゲル

デュアックゲルとは尋常性ざ瘡(ニキビ)の治療製剤です。
一般名をクリンダマイシンリン酸エステル水和物・過酸化ベソゾイルゲルと呼ばれます。

ニキビの原因となるアクネ菌に対して効果のある抗生物質を配合し、ゲル状の塗布製剤にしたものです。

デュアックゲルの適応対象の症状

ニキビは皮膚に無数にある皮脂腺の分泌の活発化によって発生します。
思春期頃から増えてきて自然治癒することがほとんどですが、症状が強いと痕が残ってしまうこともあります。

皮脂は体毛の生えている毛嚢(もうのう)を通って外へ排出されますが、皮脂に含まれている遊離脂肪酸の刺激により毛嚢の出口に角質増殖(皮膚の最も外側にあるケラチンを含んだ皮膚成分が異常に増えること)が起こります。
その結果毛穴がふさがりその中にさらに皮脂がたまると毛嚢の出口にすみついているアクネ菌が分泌するリパーゼの活性化が起こり、毛嚢全体に炎症が発生します。

そしてこれが赤く、腫れあがった尋常性ざ瘡(にきび)へ発展します。

デュアックゲルの作用

アクネ菌が起こす炎症に対してデュアックゲルには、クリンダマイシンと呼ばれる抗生物質と過酸化ベソゾイルゲルと呼ばれる物質の2つの抗菌作用がアクネ菌の活性を抑制します。
その結果炎症波及を抑え、増殖した角質の剥離を促すことで毛穴のふさがりを改善する作用を発揮します。

デュアックゲルの使い方

通常1日1回、洗顔後に患部に適切な量を塗ります。
ただし結節(直径1cm以上の膨れ上がったできもの)や内部が液体上のできものの場合は使用対象外で、12週間以上の使用で効果が認められない場合は使用中止が推奨されます。

デュアックゲルの副作用・注意点

主な皮膚の副作用として乾燥、皮膚炎、皮膚剥脱、発赤、かゆみ、蕁麻疹などが報告されています。

また全身症状としては長引くまたは重度の(出血性の)下痢、腹部疝痛(激しい発作性の腹痛)など主に大腸を主体にした炎症反応が報告されており、これらがみられた場合には使用を中止し速やかに医師に相談してください。

上記以外の副作用としては肝機能障害、頭痛、血小板増加、尿タンパク(尿にタンパクが検出されること)、尿糖(尿に糖が混じること)などが報告されています。

使用上の注意点としてリンコマイシン系抗生物質に対して過敏症の既往のある患者様、抗生物質に関連した下痢または大腸炎の既往のある患者様、アトピー性体質患者に対しては大腸炎や即時型アレルギー反応(使用後すぐに出現するアレルギー症状)が現れやすいため注意が必要です。

また過度な量を塗布しても上乗せ効果は期待されず、逆に皮膚刺激が増す恐れがあるため用量を守る必要があります。
さらに本剤使用中は日光への暴露を最小限にとどめ。日焼けランプの使用や紫外線療法は避けるように心がけましょう。

デュアックゲルでニキビ治療を受けるには何科にかかるべきか

デュアックゲルでニキビ治療を受けるには、皮膚科におかかりになるとよいでしょう。新宿で皮膚科をお探しなら、新宿駅前クリニック皮膚科にお気軽にご相談ください。

ページトップへ