コンドームでは淋病を完全に予防できない? :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • コンドームでは淋病を完全に予防できない?

コンドームでは淋病を完全に予防できない?

男性の淋病の豆知識へ戻る

淋病の予防策として最も代表的な存在がコンドームです。望まない妊娠を防ぐためだけではなく、性感染症の無意識な拡散を防ぐためにも、コンドームを装着して性行為を行うことが奨励されています。一方で、コンドームによる淋病の予防効果が必ずしも完璧ではないことはあまり知られていないかもしれません。今回はコンドームを使用しても淋病に感染してしまうケースを詳しくご紹介します。

正しくコンドームを装着している男性は少ない

「コンドームを装着していたのに淋病に感染した」と訴える男性がいる背景には、正しくコンドームを装着している方が少ないという現実があります。いくら、コンドームが性感染症の予防に有効だとはいえ、装着方法が適切でなければその予防効果も半減してしまいます。

コンドームはしっかりと男性器の包皮を根本まで寄せ、先端をつまんだ状態で空気が入らないように装着しなければなりません。この際、陰毛を巻き込まないように注意が必要です。コンドームをゆっくりと巻き下ろしたら一度男性器の包皮と一緒に先端方向へスライドさせましょう。最後にもう一度根元まで巻き下ろしたら、装着は完了です。

正しく装着された状態では男性器の包皮のたるみがコンドームの内部に入っています。また、正しくコンドームを装着するためには、男性器の大きさに合ったサイズのコンドームを選ばなければなりません。装着法は正しいサイズ選びを当然のことのように思われる方も多いかもしれませんが、意外と完璧にはできていない男性が多いのです。

淋病はキス・オーラルセックスでも感染する

淋病は性器と性器の接触による性行為以外にも、キス・オーラルセックスから感染することも忘れてはいけません。いくら男性器を正しくコンドームでカバーしていたとしても、口は無防備なままです。淋菌が生息している女性器や女性の口に、無防備な状態の口で接触すれば、口の粘膜から淋病に感染してしまいます。また淋菌を持った女性の口によるオーラルセックスをコンドームなしの状態で受ければ、淋病に感染してしまう可能性は捨てきれません。

コンドームを正しく装着しつつ淋病への警戒を怠らないことが肝心

性感染症や望まない妊娠を防ぐためにも、コンドームを正しく装着して性交渉を行うことが前提になります。一方で、コンドームの効果が完璧ではないことを理解し、淋病と思しき症状が現れれば直ちに検査を行うことが肝心です。コンドームを付けていたからといって淋病の可能性を否定してはいけません。体の異変に気付いたら速やかに新宿駅前クリニックへとお越しください。

ページトップへ