男性の淋病 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 男性の淋病

男性の淋病

淋病
スーパー淋病

男性の淋病の検査および治療費用

保険診療の場合、診察料および淋病の検査料は合計3000円前後になります。薬の処方があった場合は調剤薬局にて薬代が2000円前後かかります。
自由診療に比べると保険診療は費用負担が軽くすみますので、保険診療で受診される方は健康保険証をお持ちになってください。

男性の淋病の原因

淋病は、淋菌が尿道の入り口から尿道の粘膜に感染して起こる病気です。性交渉、オーラルセックスなどが原因で感染が起こります。男性の淋病の場合、風俗(ピンクサロンなど)でのオーラルセックスから感染することが増えております。

男性の淋病の症状

排尿時の違和感、痛み、尿道のかゆみ、灼熱感、不快感などの症状があることもあります。
炎症が強い場合、尿道からの透明または濃い乳白色の分泌物が出ることもあります。
一般的にはクラミジアよりも淋病の方が痛みが激しく症状が強くでることが多いですが、症状だけで診断するのは難しいと思われます。
淋菌が尿道に感染して逆行性に精管から精巣上体にまでいくと睾丸炎を引き起こすことがあります。睾丸炎が腫脹し激しく痛み、精巣上体から血液中に入り込み、38度以上の発熱が起こることもあります。

男性の淋病の検査

2時間ほど排尿をしない状態で、男性用トイレで採尿をしていただきます。尿中の淋菌PCR法にて検査をして淋病感染の有無を判断します。

男性ののどの淋病検査

綿棒でのどの粘膜をこすり淋菌SDA法で検査します。

男性の淋病の治療法

淋病の治療法は抗生物質の飲み薬をが中心となります。まずは、抗生物質の飲み薬を1週間分使用します。1週間後に再度病院を受診して、症状や経過などを総合的に判断してから必要性があれば、薬をもう1週間使用します。治りが悪い場合は、点滴および筋肉注射を使用することもあります。一般的にはクラミジアより治りが遅い傾向にあります。

男性の淋病の治療薬

抗生物質の飲み薬

耐性菌の少ない1回飲むと一週間効果のあるジスロマックSRや、ニューキノロン系のグレースビット、オゼックスなどを使用します。
淋病は抗生物質に対して耐性(抗生物質がきかない状態)を作ることもあります。耐性菌も多いため、治療が長引くことがあります。
新宿駅前クリニックでは淋病に対しても耐性の少ない抗生物質を使用しております。

抗生物質の点滴

ロセフィンの点滴を使用することがあります。

抗生物質の筋肉注射

トロビシンの筋肉注射を使用することがあります。

男性の淋病の注意点

淋病を治療して症状がなくなった場合でも、淋病感染が残っている場合もありますので、淋病が治癒しているかどうかの確認の検査をする必要があります。
治癒判定に際しての注意ですが、尿中淋菌PCR法は淋病の死骸が残っている場合でも陽性と診断されるため、薬の効果がなくなってから2週間の期間をおいて検査して治癒しているかどうか確認します。
淋菌による尿道炎は通常の抗生物質では治りが悪い耐性菌が増え、以前に比べて最近では治りにくくなっております。
他の泌尿器科の病院で治療をしたが、治らなかった方や、症状が改善はしたが治りにきっていない方も新宿駅前クリニック泌尿器科に受診されます。
中には、効きのよくない抗生物質を長期間投与されているケースもあり、悩んでいらっしゃる方もいるかもしれません。
具体的には、以前は効いていた抗生物質(フロモックス、メイアクト、サワシリン、クラビット、ミノマイシン、クラリスなど)が効きづらくなっております。新宿駅前クリニック泌尿器科では新しい耐性菌の少ない抗生物質(ジスロマックSR、グレースビットなど)を使用しております。

男性の淋病の豆知識

ページトップへ