市販薬では治らない?尿道炎にかかったらすぐに病院で診察を :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 市販薬では治らない?尿道炎にかかったらすぐに病院で診察を

市販薬では治らない?尿道炎にかかったらすぐに病院で診察を

尿道炎の検査へ戻る

今や薬局でも尿道炎の治療薬を買うことができます。しかし、確実、そして早期な治療を目指すのであれば、市販薬の使用はおすすめできません。完治に至らない可能性があるのはおろか、症状が深刻化してしまい、重篤な合併症を引き起こしてしまうことさえあります。今回は市販薬で尿道炎を治そうとする危険性についてお話ししましょう。

尿道炎の原因特定は難しい

市販薬で尿道炎を治療するのは、難しいと言わざるを得ません。その理由のひとつに、尿道炎の原因の多さが挙げられます。尿道炎といえば、性感染症の感染によって引き起こされるのは有名ですが、それ以外にも外部の雑菌からの感染、マイコプラズマ、ウレアプラズマといった病原体からの感染も考えられます。

市販で手に入る検査キットを使うという手もありますが、それでも全ての可能性をチェックできるわけではありません。尿道炎の原因特定は、医療機関でない限りは難しいのです。尿道炎の症状が出ている時点、病院での検査を受けたほうが賢明でしょう。

市販薬でできるのは症状の「緩和」のみ

厳密にいうと尿道炎を治療できる薬は一般に市販されていません。市販薬でできるのは、症状の「緩和」のみです。病院に行く時間がないときにひとまず症状を緩和させる目的で使用するのは結構ですが、市販薬で完治させることができないでしょう。

安易な市販薬の使用で、「完治した」と思い込むのは大変危険です。前立腺炎や精巣上体炎などの合併症を引き起こし、深刻な状態となることがあります。

パートナーと感染しあう「ピンポン感染」の危険

尿道炎が完治するまでは、感染の可能性からパートナーとの性交渉は厳禁となります。そのため、市販薬を使用し、自己判断で「完治した」と決めつけてしまうのは大変危険です。

最も避けなければならないのは、パートナーといつまで感染しあう「ピンポン感染」です。お互いが自力で性感染症を治したと思いつながら原因菌を保菌している状態のため、いつまでも性感染症に感染し続けることになります。この場合、男女ともに近い将来重篤な合併症を引き起こしてしまうケースは、想像に難しくありません。

尿道炎と思しき症状が出たら、直近で性交渉をしたパートナーと共に病院での診察を受けるのが最も正しい答えです。くれぐれも市販薬で治そうとはしないでください。患者様の尿道炎の治療を、新宿駅前クリニックがお手伝いいたします。いつでもお気軽にお越しください。

ページトップへ