「膿の色」からわかる尿道炎の違い :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 「膿の色」からわかる尿道炎の違い

「膿の色」からわかる尿道炎の違い

尿道炎の症状へ戻る

尿道炎にはいくつかの原因があります。そして、その原因特定に役立つのが排尿時の痛みとともに尿道炎の代表的な症状である「膿」です。尿道炎を引き起こした原因よって膿の色や状態がかわってくるのです。今回は、尿道炎の原因によって異なる、膿の色や状態についてお話ししましょう。

原因ごとに異なる膿の特徴

尿道から膿が出る場合は、「クラミジア」や「淋病」などの性感染症が疑われます。原因ごとに膿へ現れる特徴をおさらいしておきましょう。

淋病の場合

尿道からクリーム色の膿が出てくる場合は、淋病に感染し淋菌性尿道炎を引き起こししている可能性があります。淋病から引き起こされる尿道炎は強い炎症となり、それにともなり膿の色も濃くなってしまうのです。

クラミジアの場合

クラミジアに感染した場合、尿道から出てくる膿は透明になることが多いようです。また、粘りがそれほどなく、水っぽい膿となるでしょう。一見しただけでは膿とは気付きづらいかもしれません。これはクラミジアによって引き起こされる炎症が比較的弱いためです。

非クラミジア非淋菌尿道炎の場合

マイコプラズマ・ウレアプラズマといった病原体から尿道炎が引き起こされることがあります。この場合、膿の色や状態はクラミジアのように透明で水っぽくなります。

クラミジアと同様に膿に気付きづらく自覚症状も薄いため、感染に気付かず性交渉をしてしまい、パートナーへと感染させてしまう可能性が高いです。

膿は雑菌に抵抗しているサイン

膿は体内に侵入した雑菌に対する体の抵抗反応です。上述した性感染症以外にも、単に雑菌が尿道に侵入しただけで膿が出てくることがあります。尿道から膿が出てくる原因は、非常に多岐にわたるのです。

そのため、膿の色や状態だけで尿道炎の原因となった病気を特定することはできません。尿道炎を適切に治療していくためには、精密な検査が必要となります。

医師との診断では膿の色や状態を伝えてください。その後、尿検査などの精密検査を行い、罹患している病気を特定します。くれぐれも、膿の色から病気を自己判断し、市販の治療薬を使用するようなことはやめましょう。自己診断が間違っていれば何の意味もありません。

新宿駅前クリニックは適切な検査を行って、尿道炎の原因を突き止めます。尿道から普段とは違う膿のような液体が出てきたときは、ただちに尿道炎の可能性を疑い、新宿駅前クリニックで診断を受けるようにしてください。

ページトップへ