性感染症だけじゃない?尿道炎を引き起こす「マイコプラズマ」「ウレアプラズマ」 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 性感染症だけじゃない?尿道炎を引き起こす「マイコプラズマ」「ウレアプラズマ」

性感染症だけじゃない?尿道炎を引き起こす「マイコプラズマ」「ウレアプラズマ」

尿道炎の原因へ戻る

尿道炎の原因の大半は「淋病」「クラミジア」といった性感染症が原因です。それぞれの感染症に応じた治療を行うことによって、尿道炎の症状が改善していきます。一方、こうした性感染症を原因としない尿道炎も存在します。この場合、もちろん性感染症の検査を行っても、性感染症の原因菌は発見されません。今回は、性感染症以外の尿道炎を引き起こす原因、「マイコプラズマ感染症」「ウレアプラズマ感染症」についてお伝えします。

「マイコプラズマ」と「ウレアプラズマ」

「マイコプラズマ」と「ウレアプラズマ」は細菌とウイルスの中間の大きさと性質を兼ね備えた病原体です。近年、尿道炎を引き起こす存在として注目されてきています。

症状

マイコプラズマ感染症、ウレアプラズマ感染症による症状はクラミジアの症状によく似ており、非常に軽いといわれています。そのため、症状を自覚しない方も少なくないようです。

また、目立った症状が出てくるまでの潜伏期間が長く、治りが遅いのも特徴です。排尿時の痛みがなかなか治らない、尿道のかゆみが続いている、といった場合はマイコプラズマ感染症、ウレアプラズマ感染症を疑ったほうがいいかもしれません。

感染経路

マイコプラズマ感染症、ウレアプラズマ感染症は淋病、クラミジアと同様に性交渉を行うことで感染します。キスやオーラルセックスでも感染の可能性がありますので、注意が必要です。

潜伏期間が長いことから、淋病・クラミジアよりも無自覚に拡散させてしまう危険性があります。性交渉を行った後は、尿道炎や尿から出る膿に敏感になったほうがいいでしょう。

治療方法

他の性感染症の治療と同様にマイコプラズマ感染症、ウレアプラズマ感染症の治療には抗生物質が使用されます。細胞に作用するセフェム系抗生物質は効果がありませんので、マクロライド系抗生物質のジスロマックが使用されることが多いようです。

自己判断は危険!病院での原因特定を

尿道炎の原因として性感染症は広くしられています。一方、でマイコプラズマ感染症、ウレアプラズマ感染症による尿道炎について知っている人はあまりいないのではないでしょうか。

近年では性感染症を市販の検査キットで検査することができます。しかし、性病の検査キットでチェックできるのは性病だけです。マイコプラズマ、ウレアプラズマについてはチェックできません。自分で性病を検査して陰性だったからといって、マイコプラズマ感染症、ウレアプラズマ感染症の可能性が消えたわけではないのです。

尿道炎の原因を正確に特定するためには、病院での検査を受けるのが一番安心です。新宿駅前クリニックは患者様の尿道炎を詳しく検査させていただきます。症状の悪化を止めるためにも、なるべく早い段階で当院にお越しください。

ページトップへ