尿道炎の原因となる性病 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 尿道炎の原因となる性病

尿道炎の原因となる性病

尿道炎の原因へ戻る

尿道炎を引き起こす代表的な原因は性感染症、いわゆる「性病」です。尿道炎になってしまった男性の約半数以上が、何らかの性病に罹患しているといいます。つまり、尿道炎は性病のサインでもあるのです。今回は尿道炎と性病の深い関係についてお伝えします。

尿道炎を引き起こす「淋病」と「クラミジア」

尿道炎を引き起こす原因はいくつか存在しますが、中でも一般的なのが性感染症の「淋病」と「クラミジア」です。それぞれどんな病気なのか、感染するとどのような症状が起きるのかついてお話ししましょう。

淋病

淋病は性感染症の中でもかなりポピュラーな存在であり、男性だけではなく女性も罹患します。原因菌となる淋菌は、温かく湿った場所を好みます。尿道は淋菌が繁殖するのにうってつけの場所ということです。

淋病における尿道炎は、激しく痛むのが特徴です。排尿の際などは特に、耐え難い痛みを感じることもあります。膿が出る、睾丸が腫れてくるといったケースも珍しくありません。

クラミジア

淋病と並び感染者の多い性病がクラミジアです。こちらも性交渉をきっかけに感染者からまた別の感染者へと菌が移動していきます。淋病よりも潜伏期間が長いこともあり、知らず知らずに多くの人へと菌をまき散らしてしまうことがあるようです。

クラミジアの尿道炎は、痛みが穏やかです。人によってはクラミジアの感染を自覚しないこともあります。排尿痛ですらかすかで、気づかないことも多いようです。しかし、クラミジアに感染していることには変わりありませんので、症状に自覚がなくても性交渉を行ってしまうと、やはり感染者を増やしてしまうことになります。

恐ろしいのは「合併症」

淋病もクラミジアも、命に関わる病気ではありません。自覚症状があったとしても、その時点で性交渉を控えれば感染の拡大を防ぐことができます。そのため、病院には行かずに経過を見る人も少なくないようです。

しかし、性病で最も警戒しなければいかないのは、その後に控えている「合併症」の可能性です。男性の性病を放置しておくと、「副睾丸炎」「慢性前立腺炎」といった合併症が引き起こされることがあります。また、性病に感染している状態だと、HIVに感染してしまうリスクが高まるのです。

「たかが性病」と侮るのは、非常に危険です。そして排尿時の痛みや尿道から膿といった尿道炎の症状は、性病の感染を知るサインでもあります。最悪のケースを免れるために、医師による診断を受けましょう。新宿駅前クリニックが、尿道炎の原因を正確に究明させていただきます。お気軽にお越しください。

ページトップへ