喘息(ぜんそく) 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 喘息(ぜんそく)
 

喘息(ぜんそく)

ぜんそく漫画

気管支喘息とも言われ、発作的に咳が出たり呼吸困難が発生し、また呼吸の際にヒューヒュー、ゼーゼーと鳴る「喘鳴(ぜんめい)」という症状が現れる疾患です。気管支に慢性的な炎症が起きており、そのため気道が過敏になっていることが原因と見られています。喘鳴が出るのは気管支が痙縮して空気の通り道が細くなるためで、その際は息が詰まるような苦しさを感じます。悪化すれば、座らなければ呼吸が出来なくなるほどの状態になり、患者さんにとって非常に辛い症状です。慢性的に気道周辺に炎症を起こしているため、例えばタバコの煙などの刺激に対しても反応しやすくなっています。

喘息の原因

気道が慢性的に炎症を起こしており、そのため気道が過敏になっているからです。炎症の原因にはアレルギー反応であることと、アレルギー反応以外が要因となっていることが考えられています。アレルギー反応としては、ダニ、ほこり、カビ、ペットの毛、花粉といったアレルゲンが因子となります。一方、アレルギー反応以外としては、風邪などの感染症、タバコ、ストレス、また時には天候自体も要因となります。場合によっては体質に合わない薬品が喘息を引き起こすこともあります。いずれにしても、気道が敏感になっている状態でそれらの要因に晒された時、気道が反応して収縮し、咳き込みや呼吸困難が発症します。

喘息の症状

季節や個人差にもよりますが、おおよそ夜間から明け方にかけ発作が出やすいです。最初は喉の奥が詰まるような感覚になります。その後喘鳴が発生し、次第に呼吸が難しくなっていきます。呼吸困難がさらに悪化すると横になること自体が苦しくなり、やがて座らなければ息をすることが難しくなっていきます。また、乾いた感じの咳き込みをするようになり、その咳自体が呼吸をさらに困難にします。吐き出しにくい粘度の高い痰も発生します。呼吸困難が続くと血中酸素濃度が低下し、指先や唇周辺が青紫色になるチアノーゼを起こし、さらに長時間この状態が続くと生命維持の危機に繋がります。粘度の高い痰による窒息死も起こりえるため、適切な治療を早期に行う必要があります。

喘息の検査

一般的には、血液検査、痰検査、胸部レントゲン、呼吸機能検査などが行われます。ただし全ての検査を行うというわけではなく、症状により適宜検査方法をおこないます。なお、新宿駅前クリニックでは、痰検査、胸部レントゲン、呼吸機能検査などの精密検査機器はございませんので、ご了承ください。

喘息の診断

基本的には問診および聴診などで診断します。家族にアレルギー体質の方が居るか、また呼吸困難や喘鳴の発生とその経過などを確認します。そして、発作が出るタイミングとして夜間~明け方にかけて定常的に喘息特有の症状が出るとすれば、喘息の疑いが認められます。

喘息の治療法

喘息

主に吸入ステロイド薬による治療になります。吸入ステロイド薬には強い抗炎症作用があるため、気道の慢性的な炎症を抑えることが出来ます。
ただし、即効性があるわけではないため、使用して一定期間後に効果が現れ始めます。また、断続的な使用ではなく継続して長期間使用することで、予防を含めた効果が定着していきます。一般に、ステロイド薬については副作用を心配する声がよく聞かれます。しかし、吸入ステロイド薬では重篤な副作用が出るほどのステロイドを使用するわけではないため、たとえ副作用があったとしても最小限の影響にとどまります。

副作用としては、のどの痛みや口の中の違和感などが報告されていますが、そのような症状についてはいくつかの予防措置を取ることが出来るため大きな問題にはなりません。逆にステロイドを恐れて吸入ステロイド薬を避けることの方が喘息悪化を招いてしまい、より大きな問題へと繋がってしまいます。したがって、内科の医師の指示通り吸入ステロイド薬を使用することが大切です。

また、アレルギー反応によって気道炎症に至るケースがあるため、ロイコトリエン拮抗薬や抗アレルギー薬を服用して発作予防を図ることもあります。さらに、気管支拡張薬によって気道を広げ、呼吸を円滑にさせる方法もあります。これらの薬を症状に合わせて組み合わせるため、ご自身で使用履歴などを管理しておくと、なにか問題が起きた時の対応が円滑になります。
なお、薬を自己判断で中止したり増減したりすることは症状の悪化に繋がるため、必ず医師の指導の元に使用していくことが大切です。

喘息の日常生活の注意点

いくつかの注意点がありますが、症状の発生タイミングの観点から主に自宅環境、活動の種類、季節に分けられます。

  1. 自宅環境 アレルゲンの除去が大切です。特にほこりやダニ、カビ等はアレルゲンになりますので、自宅環境は掃除を怠らず常に清潔にしておく必要があります。特に、じゅうたんや畳などはほこりやダニが溜まりやすいため、念入りにメンテナンスをすることが大切です。また、自宅内の通気性が悪くなればカビが発生しやすくなるため、空気の入れ替えを適宜行うことも大事です。また、その他にペットも種類によってはアレルゲンを保有していることがあるため、可能であれば室内ペットは避けたほうが良いでしょう。
  2. 活動の種類 運動後5~10分後に発生する運動誘発性喘息があります。原因としては様々な可能性があり、運動することで気道から水分が失われる、また呼吸量が多くなることから気管温度が変化するなどが考えられています。ただし、運動してはいけないというわけではなく、例えばウォーキングなど適度な負荷の運動などであれば問題はありません。このように運動誘発性喘息を引き起こしにくいスポーツもあるため、内科の医師と相談しながら運動をすると良いでしょう。また、タバコや花火、バーベキューの煙なども喘息発作の引き金になることがありますので、レジャー等の活動の延長でそれらを吸入する可能性があるか、あらかじめ注意しておく必要があります。
  3. 季節 季節の変わり目など、気温や湿度の変化による気道への刺激、また花粉増加などアレルゲンを吸入しやすい環境になることなどが考えられます。そのため、そういった季節には特に注意して、喘息コントロールを行う必要があります。

その他注意点

自己判断で吸入ステロイド薬を中止する喘息患者の方が多数報告されています。「症状がなくなった」、「発作が治まった」といった理由で中止するようですが、途中で治療をやめると症状をぶり返してしまう可能性もあります。喘息は慢性の炎症性疾患であるため、症状が無くなっても内部では炎症が続いていることがあります。そのため、医師の指示に従って適切に薬の使用を続ける必要があります。

     
ページトップへ