咳喘息 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 咳喘息
 

咳喘息

咳喘息

咳喘息とは、慢性的に咳が続く気管支の病気です。風邪と併発して起こることが多く、風邪をひいたあとに2週間以上咳が続く場合は咳喘息の可能性があります。喘息と同じように、空気の通り道の気道が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、気道の炎症や咳が続きます。近年患者数は増加傾向であり、女性に比較的多く、再発を繰り返すこともあります。

咳喘息の原因

風邪、インフルエンザなどの気道の感染、タバコの煙、室内外の温度差、ストレス、ホコリやダニなどのアレルギーなどが要因となり、気道が炎症を起こして、気道が敏感になっているために起こります。

咳喘息の症状

乾いた咳だけが2週間以上続いたり、夜中から明け方にかけてよく咳が出たり、冷たい空気やタバコの煙を吸うと特に咳込みやすいなどの症状があります。その他には、のどがイガイガしたり、声が枯れたりすることもあります。通常は発熱、喘息でみられるゼイゼイ、痰、呼吸困難などの症状はほとんど出ません。

咳喘息の検査

血液検査で、炎症が体の中にないかどうか、ハウスダスト・カビなどのアレルギー反応がないかどうか調べることもあります。

咳喘息の診断

症状、経過から総合的に診断します。

咳喘息の治療法

咳止めの薬以外にも気道の炎症を抑える吸入ステロイド薬(アドエアー、フルタイド)を使用します。吸い薬なので、副作用がほとんどないのが特徴です。気管支を拡張させて、空気の通り道を広げる気管支拡張薬(ホクナリンテープ、テオドール)を使用したり、アレルギーが原因と考えられる場合は、抗アレルギー薬(エバステル、ジルテック)を内服することもあります。風邪薬、抗生物質、を内服しても、あまり効果がありません。

日常生活の注意点

① 風邪にかからないようにします

風邪やインフルエンザにかかると、気道の粘膜が炎症を起こします。ごくわずかな刺激にも反応し、気道が収縮して咳喘息が起こりやすくなります。マスクを着用し、手洗いとうがいをこまめにしましょう。

② タバコの煙を避けます

タバコの煙は気管支を刺激して、咳喘息を悪化させます。特にタバコを吸っている方は症状が長引きます。

③ アレルギーを起こさない環境をつくります

アレルギーを引き起こす原因となるハウスダスト、カビ、ペットの毛、花粉などのアレルゲンを取り除くことは大切です。週に数回、布団や枕などの寝具を干したり、室内をこまめに掃除しましょう。

④ 寒暖の差に気をつけます

急激な気温の変化は、咳喘息の発作が起きやすくなります。特に春や秋は季節の変わり目なので、注意が必要です。

ページトップへ