咳(せき) 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 咳(せき)
 

咳(せき)とは

咳(せき)漫画
咳している女性

咳は、正式には咳嗽反射と言われており、のどや気管の分泌物や異物を体外に排出するための生理的な反射です。したがって、多くの呼吸器系疾患に見られる症状です。数日で治まるものから数週間以上続く慢性の咳もあり、その原因は多岐に渡っています。多くはウィルス等の感染症やアレルギーから引き起こされますが、それ以外の原因も存在します。
咳が出るようになった場合、かぜと思われることが多いと思いますが、2週間以上も咳が頻繁に続く場合は、かぜのみならず、咳喘息、気管支喘息、副鼻腔気管支症候群、逆流性食道炎などの病気の疑いもあります。市販の咳止めで一時的に咳が抑えられたとしても、根本的な原因を治療しなければ再発の恐れもあります。また長期間放置すれば別の疾患を引き起こすこともあるので、自己判断で治そうとしたり放置したりせず、受診をすることが大切です。

咳の症状

咳が持続する期間で分類されます。3週間以内の咳を急性咳嗽、8週間以上続く咳を慢性咳嗽、その中間を遷延性咳嗽と呼ばれています。遷延性と慢性で多いのが咳喘息、かぜ症候群後の咳嗽、アトピー咳嗽、逆流性食道炎による咳嗽です。咳の質的な違いでは、乾いた咳(乾性咳)と痰を伴う湿った咳(湿性咳)があります、また何らかのタイミングで発生する咳もあります。
日本においては、喘息と咳喘息による咳が多くを占め、次にアトピー咳嗽が多く見られます。以降、副鼻腔気管支症候群、かぜ症候群後の咳嗽、逆流性食道炎による咳が占めています。また、肺がんや肺炎でも同じように咳が長く続くことがあります。症状が出るタイミングも、話をすると咳き込む、走れば咳が出る、就寝前に咳が出る、一度咳が出ると続けて出続けるなど様々です。精神的なストレスが引き起こす心因性の咳嗽もあり、咳き込みの症状だけでは原因の明確な区別が付かないことがあります。
なお、咳だけの症状が長期間に渡っている場合は咳喘息の可能性も考えられます。咳喘息は空咳が続きますが、発熱や痰、また喘息特有の喘鳴(ぜんめい)を伴うこともなく、呼吸困難も発生しません。また、たばこの煙などの刺激を受けた時や、明け方などのタイミングで症状が出やすいようです。ときには激しく咳き込むことがあります。このような症状が出る咳喘息は喘息の前段階であるため、治療しない状態で放置すれば間もなく喘息へと移行します。

咳の原因

最も多く見られる原因は、ウィルス感染による急性上気道炎です。その場合はインフルエンザ、マイコプラズマ、百日咳菌、結核菌などが原因となります。その他、クラミジア肺炎や肺炎球菌による咳もあります。非感染症による咳としては、咳が長引く気管支喘息の可能性があり、その他アレルギー性のアトピー咳嗽、鼻炎に関連する副鼻腔気管支症候群を原因とするものもあります。過去の時代によく見られた肺結核を原因とする咳も、現代においても発症例がいまだ確認されています。また、喫煙者の場合は気道が慢性的に炎症を起こしていることがあるため、そのことが原因で咳が出ることもあります。
咳が発生する仕組みには、咳受容体と呼ばれる咳に関する神経が関わっています。咳受容体に外部からの様々な刺激が与えられると、異物を排除する反応として咳で引き起こされます(咳反射)。なお、咳受容体は外耳道、上気道から下気道、横隔膜まで広く分布しています。

咳の診断

問診により、乾いた咳が出るか痰を伴う咳なのかを確認します。その他、咳の経過や咳が出るタイミングなどの症状を確認します。長期に渡る慢性とみられる咳の場合は、胸部レントゲン撮影をすることがあります。また、肺機能検査で空気の流れを確認し、採血によりアレルギー反応を検査することがあります。なお、新宿駅前クリニックは、レントゲン、肺機能検査設備はございません。

咳の治療法

市販の咳止めを飲んで症状が治まることがあるかもしれませんが、原因を抑えた治療をしなければ再発します。そのため、診断結果に応じて原因となる疾患を判断し、適宜治療方法を採用していきます。風邪などの感染症が原因と見られる場合は咳止めを服用します。インフルエンザ感染が疑われた場合はタミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬を、マイコプラズマ感染や百日咳であればマクロライドやニューキノロンなどの薬剤を用います。結核の診断がなされた場合は、抗結核薬で治療します。咳喘息であれば気管支拡張剤やステロイド吸入薬を用い、副鼻腔気管支症候群の場合は抗生物質を、アトピー咳嗽の場合は抗アレルギー剤やステロイド吸入剤を使います。逆流性食道炎が原因で咳が出るときもあり、その場合は胃酸を押さえる薬で治療を使って進めます。

咳の日常生活上の注意点

咳が慢性的に続く場合、室内外の温度差や、乾燥、喫煙または受動喫煙、ハウスダストなどが新たに咳を引き起こすため、このような環境を避けて生活することが大切です。また、ストレスや飲酒も咳を誘発しやすいとされているため注意が必要です。なお、マスクをしてのどの乾燥を防ぐことが有効とされています。

     
ページトップへ