風邪の治療薬 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 風邪の治療薬
 

風邪の治療薬

風邪とは

内科の病気の中で、認知度の高い風邪ですが、胃潰瘍や大腸がんなどと違って病気としての重症度は軽く受け止められがちです。改めて風邪とはどんな病気だろうと具体的に考えるとスムーズに回答できないのが風邪です。
医学的に言う風邪とは「風邪症候群」となり、また「上気道炎」と別の病名にも置き換えられます。

上気道とは鼻や喉のことで、その部分が感染し炎症などを起こすことになります。
風邪の原因は90%近くがウイルス感染です。インフルエンザもウイルスですが、風邪とは別格に扱われ、インフルエンザウイルスの増殖を抑える治療薬も固有なものとなっています。

風邪のウイルスはライノウイルスやコロナウイルスなどと多種にわたるものでウイルスが特定できないものあります。
風邪の症状には鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳、喉の痛み、発熱などがありますが、全て外から侵入したウイルスや菌に対して自身の体を守ろうとして起こる防御反応、いわゆる免疫反応となります。

風邪の多くは数日から1週間以内には治癒し、ウイルスに感染して症状が出ることが恐ろしいことではなく、風邪がきっかけとなって耳や鼻の病気、肺炎や脳症などに発展し重症化することがあるので、未然に防ぐ意味で風邪の治癒を早めていこうというものです。

風邪薬にはどんなものがあるか

風邪そのものを治すための薬ではなく、症状を緩和または無くすための薬となります。ちなみに、市販薬にはこういった薬はありますが、抗生物質の飲み薬は市販されておらず、医師の処方せんにおいて調剤薬局から購入することになります。

発熱がある場合は関節痛や腰痛なども生じます。そういう場合には解熱剤および鎮痛剤を使用します。
・ロキソニン、ブルフェン、カロナール、ボルタレン

鼻水がひどい場合は鼻の炎症を抑える作用のある薬を使用します。
・PL顆粒、ピーエイ、アレグラ、タリオン、ポララミン、二ポラジン

咳がひどい場合は咳止めを使用
・メジコン、アストミン、フスコデ、麦門冬湯(漢方薬)

その他にも、咳がひどい場合は気道を広げる薬を使用
・ホクナリンテープ、テオドール

気道が過敏になっているときは過敏性を抑える薬を使用
・ブランルカスト、オノン、シングレア

長引く咳の場合は、気道の炎症を抑える効果のある吸入薬を使用
・アドエアー、シムビコート、フルティフォーム、オルベスコ

細菌感染を起こしている場合は、抗生物質を使用
・マクロライド系(クラリス、クラリシッド、ルリッド、ジスロマックSR)
・ぺネム系抗生物質(ファロム)
・セフェム系(フロモックス、セフゾン、メイアクト)
・ニューキノン系(クラビット、オゼックス、ジェニナック)

風邪薬の副作用

抗ヒスタミン
鼻水や鼻づまりの症状をおさえる薬に含まれます。ヒスタミンは人を覚醒する役割があるため、ヒスタミンを抑えることで眠気やボーっと感が生じます。また中枢に作用するので、消化器の働きを抑える、唾液の分泌を抑える、満腹中枢を刺激しにくくするなどから、食欲増進、口喝、便秘、排尿障害などが副作用となることがあります。

コデイン
咳止めや痛み止めに含まれる成分です。咳は外からの異物の侵入に対して排出しなさいと脳にある中枢からの指示で起こるもので、コデインはこの中枢の働きを抑える役割にあたります。そうしたことから眠気、めまい、ふらつきが出たり、消化管の動きも抑制する作用もあるので食欲不振、嘔気、嘔吐、便秘なども症状として現れることがあります。
また麻薬性の薬に属することもあって依存性が心配される薬の一つです。

メチルエフェドリン
気管支拡張剤に含まれる成分です。血管に作用するため血圧や血糖値をあげたりすることもあり、ステロイドやテオフィリンと一緒に飲んでしまうと、低カリウム血症(脱力感、悪心、嘔吐、不整脈、便秘、腎障害、呼吸抑制など)を起こし重篤になる可能性もあります。
新宿駅周辺、西新宿駅などにお勤め、お住まいの患者様が多く見られますが、忙しいとどうしても市販薬で済ませようとするケースが多いようです。副作用は意外に気に留めず、また薬のミックスによって危険な状況になることがありますので、風邪かなと思ったときにはすみやかに内科を受診するようにしましょう。

風邪薬の注意点

風邪薬と言っても内科で処方する場合は一種類に限らず複数になります。
1日何回、いつ、どのくらいなど服用方法は必ず守りましょう。
新宿で働いている方は少ないかもしれませんが、車を使用するなら、眠気の副作用のある薬、特に抗ヒスタミン薬は飲まないでください。
風邪薬のほかに飲んでいる薬がある場合には必ず医師に伝え、薬の重複や混合することで生じる副作用を起こさないようにしましょう。
風邪薬によって万が一副作用や身体に変化が起きた時は、アレルギー反応などで重篤になる場合があるので、すぐ病院に行き状態を説明するようにしてください。

風邪薬で風邪は治るのか?

風邪とは多くはウイルス感染で起きるものであり、風邪薬は感染したことによって生じる症状を緩和するものです。咳止めや気管拡張剤などではウイルスは撃退できません。

炎症や発熱とは病原体と闘っている証となりますので、無理に抑えると逆に症状が悪化したり、治癒に時間がかかったりと悪循環になることもあります。
風邪には薬ももちろん大切ですが、自己の免疫力を強化することが一番重要なことであると覚えておくのがよいでしょう。睡眠はしっかり取ってください。 新宿のオフィス街にある当院内科では、風邪でも仕事を休めない方でも、できるだけ苦痛を軽減できるよう、症状に合わせて薬を処方しています。お気軽にご相談ください。

 
ページトップへ