プラセンタ注射 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • プラセンタ注射

プラセンタとは(プラセンタ注射)

◎プラセンタ注射は午後6時までの受付となります。プラセンタ注射は1回1,500円です。
プラセンタは英語で「胎盤」という意味です。妊娠が成立すると、女性の子宮の中に胎盤が形成されますが、胎盤から抽出した液を、プラセンタといいます。胎盤は、胎児の発育のためには必要不可欠な組織で、胎児への栄養補給のために豊富な栄養素が胎盤に集中し、貯えられています。プラセンタ(胎盤)は母体が赤ちゃんを育てる上で必要なもののほとんどを作りだし供給する臓器です。たんぱく質、脂質、糖質の三大要素、 ビタミン、ミネラル、各種酵素によって構成されております。 また栄養素以外にも成長因子と呼ばれる細胞の分裂を適切にコントロールする成分も含まれています。最近の傾向では、ハードワークの合間にプラセンタ注射(ラエンネック、メルスモン)を受け活力的に仕事をこなす方が多くなっております。

プラセンタ注射の効果

女性の写真

プラセンタ(ラエンネック、メルスモン)を皮下注射および筋肉注射により直接体内に投与します。 本来は更年期障害、肝機能障害の薬として厚生省認可を受けている薬ですが、健康な方への投与で、健康の維持・疲労回復・肩こり・腰痛などの様々な効果があることがわかっています。年齢性別を問わず使用することができます。

  1. 自律神経やホルモンバランスを整えます
  2. 抗アレルギー作用
  3. 肝臓の働きを強めます
  4. 病気に対する抵抗力を高めます
  5. 活性酸素を除去します
  6. 基礎代謝を活発にし細胞・臓器の働きを活性化します
  7. 抗炎症作用
  8. 組織修復作用

プラセンタ注射の方法

通常、プラセンタ注射は、腕へ皮下注射および筋肉注射します。なお、新宿駅前クリニックではトリガーインジェクション(通称つぼ注射)はおこなっておりません。 プラセンタ注射のペースは週1回程度が一般的です。なお、疲労が激しいときや疲れが気になるときだけに使用することも可能です。

プラセンタ注射の安全性

プラセンタ注射(ラエンネック、メルスモン)は生物由来製品ですが、製造過程の高圧蒸気滅菌処理によって各種ウィルスが不活化されています。プラセンタ注射にB型肝炎、C型肝炎、エイズのウイルスが存在しないということは確認されています。しかし、未知のウィルスによる感染の危険性を理論的には完全に排除する事が出来ないこと、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に関しては、現在の科学的検査ではスクリーニングや発症前診断が確立していないことから、平成18年、厚生労働省科学研究班は「ヒト胎盤由来医薬品の使用者は献血を控えるようにしてください」との通達を出しています。 日本ではプラセンタ注射による感染症の報告は現在のところ全くありませんが、プラセンタ注射を受ける場合は、献血禁止や未知のウィルス感染の可能性などを十分にご理解の上、同意書にサインしていただいてからの治療となります。

プラセンタ注射の料金

プラセンタ注射(ラエンネック、メルスモン)
1アンプルで1回1,500円です。

2アンプルで1回2,000円です。

ページトップへ