メタボリックシンドローム 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満症に加え、高血圧、高脂血症、高血糖のうちの2つ以上を併発した状態のことをいいまます。最近の研究から、肥満症、高血圧、高脂血症、高血糖はそれぞれ独立した病気ではなく、互いに影響しあって病状が進行するものであり、そして根本原因となるものが内蔵脂肪の過剰蓄積であることがわかってきました。その状態を放っておくと、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなり、動脈硬化を促進させて、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気につながります。「最近、どうもおなかがポッコリしてきた」「血圧が上がった」など感じている方は、メタボリックシンドロームの可能性があるので注意が必要です。なお、メタボリックシンドロームは、その他にも代謝症候群・内臓脂肪症候群などとも呼ばれています。厚労省の平成16年の調査では、40~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームまたはその予備群とされています。

メタボリックシンドロームの原因

メタボリックシンドロームの原因は内臓脂肪の過剰蓄積です。内臓脂肪の過剰蓄積の原因は、食生活と運動不足にあります。欧米化に伴い、高脂肪・高カロリーの食事が増え、カロリーの摂取量が増加して、運動不足による基礎代謝の減少が、内臓脂肪の過剰蓄積につながります。つまり、若いころからの生活習慣がメタボリックシンドロームの下地となります。将来、メタボリックシンドロームにならないためにも、今から内臓脂肪をためない生活習慣をこころがけましょう。その他にも、喫煙、飲酒、ストレスなどは、メタボリックシンドロームの進行につながるので注意が必要です。
現在、基準値以下でも油断は禁物です。おなかの周りにつく脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があります。内臓脂肪とは、おなかの中の内臓周辺に蓄積された脂肪で、男性につきやすく、りんご型肥満の原因になります皮下脂肪とは、名前の通り皮膚の下に蓄積された脂肪で、女性につきやすく、洋なし型肥満の原因になります。

メタボリックシンドロームの検査

腹囲、中性脂肪、HDLコレステロール、血圧、空腹時血糖値を測定します。

メタボリックシンドロームの診断

メタボリックシンドロームの診断基準は下記の ① に加え、② から ④ のうち2つ以上の項目に当てはまると、メタボリックシンドロームと診断されます。
①腹囲(おへそ回り):男性85cm以上、女性90cm以上
②最高血圧:130mmHg以上または最低血圧85mmHg以上
③中性脂肪:150mg/dl以上またはHDLコレステロールが40mg/dl未満
④空腹時血糖値:110mg/dl以上
腹囲とは、おへその高さ、つまり一番太いところですから、一番細いウエストと間違えないように注意が必要です。

メタボリックシンドロームの合併症

内臓脂肪型肥満に加えて、血圧や中性脂肪値、血糖値が高めが加わっているため、放っておくと、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなります。動脈硬化を促進するため、心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気につながります。治療法治療は食事と運動が中心になります。高血圧、高脂血症、糖尿病などのがあれば、それに対する治療を行ないます。

メタボリックシンドロームの予防

食 事

①1日3食を決まった時間に食べます。空腹時間が長くなると、体は入ってきた糖質や脂肪をため込んでしまいます。
②満腹中枢のストップサインがかかる前に、食べすぎてしまうことを防ぐた食事はゆっくり、よくかんで食べます。
③ビタミンや食物繊維が豊富な野菜をたっぷり食べます。
④動物性脂肪と塩分のとりすぎに注意して、味付けで工夫します。
⑤間食や夜食や寝る前の2時間の食事は控えます

運 動

①歩いて買い物に行くようにしたり、電車通勤なら一駅手前で降りて歩くなど、1日30分以上のウオーキングがおすすめです。
②エスカレーターやエレベーターを利用すのではなく、できるだけ階段を使用します。
③運動をするときは無理をせず、長く続けることができるように習慣なるようにしましょう。
④特別な運動をするより、まずは普段の生活や家事の中で、体を動かす意識をもつことが大切です。
日常生活の注意点毎日の生活を工夫して、肥満を予防して、メタボ予備軍にならないよう注意しましょう。

メタボリックシンドロームの注意点

以下の項目が当てはまる人は要注意です。今は大丈夫でも、将来メタボリックシンドロームになりやすい傾向にあります。

①食べるのが早く、よくかまない。
②タバコを吸っている。
③ダイエットしてもリバウンドする。
④野菜をほとんど食べない。
⑤ウエストサイズが毎年大きくなってきている。
⑥お酒を飲む量が多い。
⑦デスクワークが中心で、ほとんど運動することがない。
⑧朝食を抜くなど、食事が不規則。
⑨間食や夜遅い時間の食事が多い。
⑩めん類やごはんが大好きで、炭水化物が食事の中心

全体の見た目はほっそりしているようにみえても、下腹部だけがぽっこり出ている人は、内臓脂肪型の隠れ肥満かもしれません。りんごのようにおなかが丸くなり、上半身に脂肪がついた、りんご型肥満が内臓脂肪型の肥満で、男性に多く見られます。ちなみに、下半身に脂肪がついた洋なし型肥満が女性に多く見られますが、皮下脂肪型の肥満です。 20代や30代で基準値を超える方は少ないですが、基準値はあくまで赤信号で、基準値に達する前に予防が大切です。
一般的に内臓脂肪がつきやすいのは男性で、女性につきやすいのは皮下脂肪です。皮下脂肪は内臓脂肪にくらべ体に害は少ないといわれていますが、不規則な生活を続けていると、女性でも閉経期以降は男性並みに内臓脂肪が増加することもあります。
内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ、運動によって減少しやすいという性質があります。また、運動には肥満の解消というだけではなく、血糖値の低減、ストレス解消といった効果もあります。具体的には、20分以上の有酸素運動を行います。例としては、軽いジョギング、ウォーキング、サイクリング、エアロビクスなどがあげられます。
しかしながら、無酸素運動などの激しい運動では、内臓脂肪はあまり減少しないため、メタボリックシンドロームの治療としては適してはいません。
増えすぎると体に悪さをする内臓脂肪ですが、自分に合ったよい方法をとれば減らすことができます。内臓脂肪を減らすには、食事と運動の見直しが重要です。身近なところから一歩一歩少しずつ改善してみましょう。

ページトップへ