新宿駅前クリニック 内科 皮膚科 アレルギー科 泌尿器科 ED(バイアグラ シアリス レビトラ) AGA(プロペシア) 新宿駅西口の駅近で夜間診療 

ご紹介の先生方へ
新宿駅前クリニック
Google
東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル2F
TEL 03-3343-1620
 
内 科
 インフルエンザ  喘息(ぜんそく)
 インフルエンザ予防接種
 頭痛(片偏頭痛)  胃潰瘍・十二指腸潰瘍
 緊張型頭痛  貧血
 胃腸炎・慢性胃炎  にんにく注射
 糖尿病  高血圧
 痛風  プラセンタ注射
 C型肝炎  高脂血症
 B型肝炎  不眠症
 咳(せき)  のどの痛み
 対応可能な耳鼻科の病気
 感染性胃腸炎

皮膚科
 じんましん(蕁麻疹)
 いぼ・たこ・魚の目  帯状疱疹
 水虫  手荒れ・肌荒れ
 やけど・日焼け  口唇ヘルペス
 口内炎  虫さされ
 円形脱毛症  あせも・かぶれ
 ハイドロキノン  アトピー性皮膚炎
 ディフェリンゲル(ニキビ治療)
 湿疹  かゆみ外来
 脂漏性皮膚炎

アレルギー科
 アレルギー性鼻炎

泌尿器科
 男性のコンジローム  男性のクラミジア
 男性の淋病  亀頭包皮炎
 尿道炎  男性の性病科

ED/AGA 専門外来
 AGA治療(プロペシア)

 院 名 新宿駅前クリニック
 院長名 蓮池林太郎
 科 目 内科、皮膚科、アレルギー科
泌尿器科、
ED/AGA専門外来
 認定医 日本医師会認定産業医
 住 所 東京都新宿区西新宿1-11-11
河野ビル2F
 電 話 03-3343-1620


 

高脂血症とは(脂質異常症)

高脂血症は脂質異常症とも呼ばれており、血中のコレステロールや中性脂肪が過多になる病気です。この状態のまま放置しておくと、血管の壁に脂質が蓄積されて、血流が阻害される動脈硬化を発症します。そして、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞などの重大な病気を引き起こします。早めに治療を行えば重大な病気を防げるのですが、自覚症状がほとんど無いため、症状が起きた時には既に病気がかなり進んでいることがあります。日々の食事の習慣や生活習慣から誘発される疾患であることから、生活習慣病の1つと言われています。


高脂血症の原因

乱れた食事の習慣やその他の生活習慣が原因の根本であることがほとんどです。特に食生活の影響が大きく、カロリーの多い食事、脂分(動物性脂肪)の多い食事、野菜不足、糖質の多い食事(間食)などが中性脂肪や悪玉コレステロールを増やし、そして高脂血症を招きます。また運動不足になると筋肉や骨が弱くなり、身体の基礎代謝が低下していきます。そのため、脂質の代謝も悪くなり高脂血症に至ります。その他、日常生活での身体的または精神的なストレスも関連します。ストレスは交感神経を刺激し、血管を収縮させて血圧を上げます。同時にコレステロール濃度や血糖値が高まることが分かっています。また、ストレスが暴飲暴食や生活の乱れを推し進めてしまうことが多く見られます。喫煙についても、ニコチンが血中コレステロールに影響し、そのため高脂血症に至る要因に関わっていることが分かっています。


高脂血症の症状

自覚症状がほとんどありません。したがって、職場等の定期検診で指摘されて認識する人がほとんどです。


高脂血症の検査

一般的な健康診断でも行われる血液検査で調べます。検査項目としては、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の値があり、各々基準値を越えているかを確認します。特に、LDLコレステロール値は重要視されています。また、それぞれのコレステロールの高低に応じて、「高コレステロール血症」、「高LDLコレステロール血症」、「低コレステロール血症」、「高中性脂肪血症」と細分化されています。


高脂血症の診断

血液検査でチェックする各コレステロールの値で診断します。特に心血管系疾患と関連の深いLDLコレステロールの値を中心に診断していきます。
総コレステロール
異常値=220mg/dL以上(ただし近年ではLDLの方が重要視される)
LDLコレステロール
異常値=140mg/dL以上
HDLコレステロール
異常値=40mg/dL未満
中性脂肪
異常値=110~150mg/dL以上(年齢による)


高脂血症の合併症

最も多く見られるのが、動脈硬化です。さらに動脈硬化から以下のような様々な臓器の疾患へと移行していきます。
心臓
心筋梗塞、狭心症
血管
大動脈瘤、大動脈瘤破裂、閉塞性動脈硬化症
脳梗塞、脳卒中
腎臓
腎不全、腎硬化症
上記のほか、肝臓に中性脂肪溜まる脂肪肝へも進行することがあります。


高脂血症の治療方針

食事の習慣を中心に改善していき、併せて運動療法を行ないます。また薬物療法でコレステロールのコントロールをします。なお、治療の目的は血中脂質を下げることに加え、動脈硬化の進行を阻止することも含まれます。したがって、動脈硬化に関連する原因の排除も治療の中に含まれます。


高脂血症の食事療法

主に以下の観点から食事の習慣を改善していきます。
過食を控える
一日に必要なカロリーを念頭に置き、そのカロリーを越えない程度の食事にします。
動物性脂肪の
多い食事を控える
飽和脂肪酸が多いためLDLコレステロールを増加せせます。代表的な食品は、肉の脂身や霜降り肉、バター、チーズ、アイスクリーム等があります。
コレステロールの
多い食事を控える
コレストロール含有量が多い食品には、レバーや砂肝、バター、ラード、いくら等があります。卵に関しては種類によって諸説がありますので、主治医もしくは栄養士などの専門家の指示に従います。
過剰なアルコール摂取や
間食を控える
アルコールや間食は中性脂肪を増加させるので控えめにします。
食物繊維の
多い食事を摂る
食物繊維は消化器へのコレストロールの吸収を抑える効果があります。海草、キノコ類、野菜などに豊富に含まれています。
ビタミンを多く摂る
ビタミンにはコレステロールの酸化を防止します。コレストロールが酸化すれば動脈硬化を悪化させるため、ビタミンは積極的に摂ることが良いとされています。


高脂血症の運動療法

ウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動を習慣づけます。肥満解消にもなり、血行促進が期待できます。またLDLコレステロールの減少とHDLコレステロールの増加に効果があることが分かっています。


高脂血症の薬物療法

高脂血症の治療は、基本的に食事療法と運動療法になりますが、効果がそれほど出ない場合は薬物療法を組み合わせて行ないます。LDLコレストロールと中性脂肪をそれぞれ減少させる薬剤を用います。


高脂血症の予後

高脂血症の程度が生活習慣に根ざしていることから、合併症に至る前に治療が終われば、改善された生活習慣を続けることで良好になります。ただし、遺伝的に脂質異常になりやすいケースもあるため注意は必要です。


高脂血症の注意点

自覚症状がなく病気の状態が分かりにくいため、定期的に血液検査を受けて血中コレステロールや中性脂肪の値を把握しておくことが大切です。また、症状を感じないからといって薬の服用を個人判断でやめることは避け、医師の指示通りに服用を続ける必要があります。






 
 
 
 
HOME医師紹介初診の方へ
診療の流れ院内設備費用について
FAQアクセス・地図患者さまの声
サイトマップ
リンク集
 produced by FARO
かぜ(風邪)インフルエンザ頭痛(片頭痛)緊張型頭痛胃腸炎・慢性胃炎糖尿病痛風
C型肝炎B型肝炎便秘喘息(ぜんそく)
胃潰瘍・十二指腸潰瘍貧血にんにく注射
高血圧プラセンタ注射高脂血症
不眠症にきび|いぼ・たこ・魚の目水虫
やけど・日焼け口内炎円形脱毛症ハイドロキノンアトピー性皮膚炎
ディフェリンゲル(ニキビ治療)じんましん(蕁麻疹)帯状疱疹手荒れ・肌荒れ
口唇ヘルペス虫さされあせも・かぶれ花粉症アレルギー性鼻炎
アレルギー性結膜炎||膀胱炎尿失禁
ED治療(バイアグラ・レビトラ・シアリス)AGA治療(プロペシア)
 Copyright(c) 新宿駅前クリニック All rights reserved