甲状腺機能低下症 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 甲状腺機能低下症
 

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が低下して活動性が低下する病気です。自己免疫反応のためにおこる慢性の甲状腺機能低下症を橋本病といいます。 甲状腺の働きが高度に低下すると、むくみや活動性の低下がはっきりとでてきますが、軽症ではなかなか気づかれにくく、別の病気と間違えられていることが大変多い病気です。圧倒的に女性がかかりやすく(男女比は1対10以上)、40歳以後の女性では軽症なものも含めた場合、全体の5%前後にみられます。

甲状腺機能低下症の原因

原発性機能低下症の原因のほとんどは、慢性甲状腺炎で、橋本病(はしもとびょう)とも呼ばれています。橋本病は、甲状腺を攻撃する抗甲状腺抗体できて起こる自己免疫疾患です。自分の身体の中で、自分自身の臓器である甲状腺に対して、攻撃をする自己抗体を作り、甲状腺に慢性的な炎症を生じます。徐々に甲状腺細胞を破壊し、最終的には甲状腺ホルモンの分泌不足になります。

甲状腺機能低下症の症状

甲状腺ホルモンは、全身の代謝を維持するのに重要なホルモンです。このホルモンが低下すると、様々な症状が現れます。全身症状としては、元気がなくなる、全身の倦怠感、脱力感、寒がり、体重増加、食欲低下、便秘精神症状は、記憶力低下、集中力低下、動作が緩慢、痴呆のように忘れやすい皮膚症状は、発汗低下、皮膚乾燥顔つきでは、顔が腫れぼったい、大きな口唇や大きな舌その他にも、下肢がむくみやすい、脱毛、眉の外側1/3が薄い声が低くなった、しわがれ声、月経過多、筋力低下、こむら返りなどの症状が現れることもあります。

甲状腺機能低下症の検査

甲状腺ホルモン(FT3、FT4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)を測定します。
甲状腺ホルモン、甲状腺刺激ホルモンのバランスを調整するために、病状に応じて、1ヶ月~3ヶ月おきに血液検査が必要です。薬の副作用がでていないかどうかを調べるためにも必要です。
一般的検査では、コレステロールやクレアチンキナーゼが高値になるので、これをきっかけに甲状腺機能低下症が見つかることもあります。

抗TSHレセプター抗体(TRAb) 甲状腺を刺激する自己抗体で、バセドウ病では陽性を示す確率が高くなります。
甲状腺刺激抗体(TSAb) TRAbと同じく、甲状腺を刺激する自己抗体で、バセドウ病では陽性を示す確率が高くなります。
抗サイログロブリン抗体(TgAb) 甲状腺でつくられるサイログロブリンという蛋白質に対する自己抗体です。橋本病で陽性となることが多く、バセドウ病でもしばしば陽性となることがあります。
抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPOAb) 甲状腺ペルオキシダーゼという酵素に対する自己抗体です。橋本病で陽性となることが多く、バセドウ病でもしばしば陽性となることがあります。
TgAb、TPOAb共に甲状腺に対する作用は今のところはっきりしていませんが、診断の指標として用いています。値が高いから重症であるとか、病気が進行しやすいかなどを判断するものではありません。

甲状腺機能低下症の治療

甲状腺機能低下症の治療は薬物療法が中心になります。薬物療法は甲状腺ホルモン(チラージンS)の投与を行います。甲状腺ホルモンとして、以前は乾燥甲状腺末なども使われていましたが、現在ではサイロキシン(チラージンS)の錠剤で治療するのが一般的です。少量から始めて、甲状腺ホルモンと甲状腺刺激ホルモンを測定して、正常域に入れば、維持量を長期に服用します。通常は1日に1~2錠を飲みます。薬の副作用が起こることはまずありません。

甲状腺機能低下症の予後

橋本病による甲状腺機能低下症でも、回復して甲状腺ホルモンの服用が必要なくなることもあるので、定期的に検査をしながら、中止できないかどうかを調べます。妊娠をきっかけに病気の状態が変わることがよくあります。

甲状腺機能低下症の注意点

食事は、日常の生活では特別の注意は必要ありません。海苔や海産物を好んで食べたり、逆に極端に制限すると、かえって病状が悪化することがあります。
病気の症状も薬を飲めば、1ヶ月前後でなくなりますが、治ったと思って薬をやめず、内服を継続することが重要です。
規則正しい生活をして、適度な運動と適度な休養をとることが大切です。

 
ページトップへ