インフルエンザ予防接種時期 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • インフルエンザ予防接種時期

インフルエンザ予防接種時期

新宿駅前クリニックでは、インフルエンザワクチン予防接種は予約制ではございませんので、受付時間内に、ご来院ください。なお、なお、夜6時以降は混みあうことがありますので、午前10時から午後1時45分の間の受診をおすすめしております。

インフルエンザの予防接種は、通常毎年10月頃から開始しています。予防接種時期ですが、これは抗体のでき方で決まります。

抗体ができるまでに3~4週間かかりますので、インフルエンザが流行する1月までに抗体をつけておくとすれば、12月中旬頃までに予防接種を受けることをお勧めいたします。ワクチンの接種2回接種する場合は、1~4週の間隔で行うことになっています。できることなら、なるべく4週に近い方が効果があるので、4週間後に接種することをお勧めしています。

一般的には接種1~2週後から抗体が上昇しはじめて、2回接種1ヶ月後にピークになり、3~4ヶ月後に低下しはじめます。2回接種すると接種5ヶ月くらいまで効果があります。

インフルエンザは1~2月に流行すると考えられていますが、近年は2~3月にも流行があるようです。

ページトップへ