胃潰瘍・十二指腸潰瘍 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜がただれて潰瘍を形成するものを消化性潰瘍といいます。粘膜を胃酸が消化してしまうことが原因です。そして、その代表的なものが胃潰瘍と十二指腸潰瘍です。年齢層によって潰瘍のできやすさが異なり、およそ10~20歳代では十二指腸潰瘍が、40歳以降になると胃潰瘍になりやすい傾向があります。一般に、十二指腸潰瘍になる人は胃液の酸度が異常に高い状態の場合が多く、胃潰瘍になりやすい人は、胃酸分泌が正常または若干少なめの人が多いようです。なお、粘膜が深く傷つきえぐり取られた状態を潰瘍、浅い傷つきであればびらんと表現されます。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

多くの場合、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるのが、ピロリ菌(正式名称ヘリコバクター・ピロリ)です。ピロリ菌は人などの胃の粘膜に生息する細菌で、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の他、慢性胃炎や胃がんの発生原因とも考えられています。実際、いくつかの調査でもピロリ菌を保菌していないグループからは、胃がんが見つかっていない結果が出ており、ピロリ菌に感染したとしても除菌処置により胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再現が減少した結果が出ています。また潰瘍の原因としてピロリ菌以外に考えられているのが薬剤によるものです。主に、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)がそれに該当し、この薬剤の副作用として胃の防御機構に問題が発生することがあり、その結果、潰瘍を形成します。このケースによる潰瘍では、自覚症状が無いまま病気進行することがあるため、難治性のものに変化していくこともあります。他にも胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因はあるのですが、ピロリ菌と非ステロイド性抗炎症薬によるものが大半を占めています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

最も多く見られるのが、みぞおち付近の痛みです。特に十二指腸潰瘍の場合は空腹時に強く痛み、食後には痛みがやわらぐという特徴があります。時間的にも胃酸が分泌されやすい夜間時に自覚することが多いようです。また、潰瘍の状態によっては吐血あるいは下血(タール便)が認められることもあります。その他にも吐き気、胸やけなどの症状を訴える場合もあります。食欲不振があれば体重が減少します。もし潰瘍がひどくなった場合は、胃や十二指腸に穴が開く状態になり腹膜炎にも至る可能性が出てきます。その状態にまで症状が進んだ場合は、外科的な緊急処置が必要となります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査

X線造影検査と内視鏡検査の二種類があります。X線造影検査ではバリウムを服用して身体の向きを様々に変えながら撮影します。検査時間はおよそ10~15分で済みます。なお検査当日は、絶飲絶食で胃の中を空にしておく必要があります。内視鏡検査では、粘膜の状態や潰瘍を確認します。胃がんとの判別が難しい場合は、組織採取を行なって診断(生検)をすることがあります。胃がんとの区別のみならず、ピロリ菌感染の診断のための生検も行うことがあります。なお、両検査において得られる情報量は、X線造影検査よりも内視鏡検査の方が多いと言われています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療法

基本的に薬物療法で治療を進めます。幾つかの薬剤を組み合わせますが、主に胃酸の分泌を抑制し、そして胃の粘膜の防御機構を助ける薬により治療します。胃液の分泌抑える薬としては、H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)やPPI(プロトンポンプ阻害薬)を服用します。防御機構を助ける薬としては、粘膜被覆・保護薬や組織修復促進薬を用い、症状に合わせて適宜組み合わせます。また、ピロリ菌感染が確認された場合は、抗生剤により除菌処置をします。その他、状態によっては胃液を中和する制酸薬を用いることもあります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予後

薬物療法によって、ほとんどが数週間で治癒に至ります。しかしその後に放置すれば再発する症例もあるため、継続して内服薬を用いて維持療法を行うことが必要です。維持療法では主にヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)の服用になります。通常、維持療法での服用量は潰瘍治療時よりも少なくなります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の注意点

胃に負担をかけない食生活を心がける必要があります。アルコール、コーヒー、脂分の多い食事などは刺激が強いため胃に負担をかけてしまいます。可能な限りそれらは控えることをお勧めします。さらに食事量についても食べ過ぎは禁物で、規則正しく適量の食事を摂るように心がけます。その他、刺激の強いものとして香辛料が挙げられます。香辛料の刺激により胃酸の分泌が促進されるからです。タバコについても胃粘膜の機能を低下させることにつながるので、禁煙節煙を心がけてください。また、食生活の他に注意したいのが精神的ストレスです。精神的ストレスがかかると自律神経のバランスが崩れ、その結果内臓の働きにも影響が出ます。そのため粘膜が傷つきやすくなり、潰瘍ができやすい状態に移行してしまいます。したがって、日常生活でのストレス要因を除去することが重要です。なお、処方された内服薬を自己判断で止めると再発のおそれがあるため、内科の医師の指示通りに服用を継続することが大切です。

     
ページトップへ