胃腸炎 - 慢性胃炎 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 胃腸炎 - 慢性胃炎

胃腸炎と慢性胃炎

【マンガ01】
慢性胃炎漫画
【マンガ02】
急性胃炎漫画

胃腸炎

胃腸炎とは

急性胃腸炎は粘膜の炎症により下痢、嘔吐、腹痛などの症状を引き起こす疾患です。主にウィルスや細菌が胃や腸へ感染することから引き起こされます。感染以外の原因としては、刺激の強い食事や食べ過ぎ飲み過ぎなど、また非ステロイド系消炎鎮痛剤や抗生物質などの薬剤の副作用や、日頃もストレスなども急性胃腸炎の原因になりえます。

胃腸炎の原因

ウィルスの感染と細菌の感染があります。ウィルス感染の場合は、その原因としてノロウィルス、ロタウィルス、アデノウィルスなどが挙げられ、これらは冬に感染しやすいと言われています。細菌感染の場合は、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター、大腸菌などが原因で、主に夏の食中毒として多くみられます。

胃腸炎の症状

発熱、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛といった症状が顕著にみられます。また嘔吐や水っぽい下痢が続くことで脱水症状を引き起こすことがあり、この場合は注意が必要です。脱水症状では幼児や高齢者の場合は自覚症状が出にくいケースがあり、何らかの異常がみられたときは早期に受診をすることが大切です。特に、食中毒の原因である細菌性の胃腸炎は、ウィルス性のものよりも症状が重くなります。

胃腸炎の検査

ウィルス検出キッドで検査をすることができますが、短時間で検出できるウィルスは多くなく、また近年の良く広く知られたノロウィルスについても同様です。したがって、ウィルス感染自体の検査はあまり現実的ではないとされています。ただし症状よっては、どのくらい炎症が起きているか、また脱水状態や電解質バランスを判断するために血液検査を行なう場合があります。

胃腸炎の治療法

ウィルス感染の胃腸炎の場合は、現在、効果的な抗ウイルス剤がないことから薬物による対症療法を行ない、整腸剤や吐き気止めなどを用いて症状を抑えます。細菌感染が認められれば抗生剤の服用で治療します。

胃腸炎の注意点

胃腸炎の症状が出ている時は、なるべく消化のよい食品を食べることをお勧めします。刺激の強い食品は胃粘膜に負担がかかるため、症状を悪化させることにも繋がります。また、脱水症状や電解質バランスを維持するためにスポーツドリンクを飲用することも有効です。ただしスポーツドリンクの飲み過ぎや冷やし過ぎは逆に負担をかけてしまうので、冷蔵庫で冷やさず適量で飲むことが大切です。また、調理前や食事前、トイレの後には手洗いを徹底して手に付着したウィルスや細菌を物理的に洗い流すことが重要です。ウイルス性感染性胃腸炎の感染経路は、ほとんどが手から口へ通じての感染だからです。患者さんの嘔吐物や便の処理は、二次感染を防止するためビニール手袋などを使用し、汚物は密閉して処理する必要があります。

胃腸炎の予後

例えばノロウィルス感染の場合、潜伏期間はだいたい1~2日で、その後に胃腸炎の症状が出て来ます。3日前後の経過で改善されていきます。ただし、脱水症状が酷い場合は治療が長引く場合があります。

慢性胃炎

慢性胃炎とは

胃の粘膜が持続的に炎症を起こしている症状を慢性胃炎と言います。症状が1ヶ月以上続く場合もあり、長期間継続すれば胃の粘膜が縮小した状態(萎縮性胃炎)にもなります。胃部の不快感、食欲不振、吐き気、腹痛などの症状が見られますが、自覚症状が出ないこともあり、内視鏡で検査して判明することがあります。

慢性胃炎の原因

様々な原因が考えられます。不規則な生活や食べ過ぎ飲み過ぎなど、食生活に起因することが多くみられます。特に刺激の強い食品や脂っこいものを過剰に摂ると、胃の粘膜を傷付けやすくなります。また、身体的、精神的なストレスが多い環境に晒され続けると胃腸の粘膜の働きを悪くするため、慢性胃炎を引き起こすこともあります。また、ピロリ菌が胃粘膜へ感染することで慢性胃炎が発症します。その他、アスピリン、非ステロイド系の薬剤の長期使用や加齢に伴う胃腸の変化も、慢性胃炎の原因として挙げられます。

慢性胃炎の症状

胃部の不快感や違和感(膨張感)、胃のもたれ、食欲不振、胸やけなどがみられます。また重症化した場合は急性胃炎に似た症状が起きる場合もあります。自覚症状がないまま症状が進行することもあります。

慢性胃炎の検査

内視鏡検査で胃粘膜の状態を調べ、併せて血液検査をすることもあります。

慢性胃炎の治療法

薬物療法を行ないます。症状に応じて様々な薬剤で処置します。腹部不快感や胃のもたれがあれば胃酸分泌抑制薬や粘膜保護剤を服用し、その他胃腸の働きを良くする薬を用います。ピロリ菌感染の疑いがある場合は、抗生剤を用います。

慢性胃炎の注意点

薬物療法で症状が落ち着いても、医師の指示通りに継続して服用を続ける必要があります。また、慢性胃炎の原因が乱れた食生活であることが多いため、規則正しくバランスの取れた食事を日常的に摂ることが重要です。また、過剰なアルコール摂取も胃に大きな負担がかかるため要注意です。タバコについてもできれば節煙、禁煙を心がけたほうが良いです。その他、ストレスにより胃炎が引き起こされることもよくみられるため、日常でのストレス要因を排除していくことが必要です。

慢性胃炎の予後

治療後の食生活や生活習慣の改善が再発防止に繋がります。また個人判断で薬の服用を中断すると再発する可能性があります。

ページトップへ