鼻水 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 鼻水
 

鼻水

鼻水

鼻水(はなみず)は、鼻から出る流動性あるいは半流動性の液体で、鼻汁とも呼ぶこともあります。
鼻水は、鼻から吸った空気に適度な湿り気を与えたり、気道の粘膜を保護するために常に分泌されていますが、常は無意識のうちに飲み込んでいます。
激しく泣いたときなどに出る鼻水は、涙が鼻涙管という涙の通り道が鼻に流れ込んだものです。
なお、鼻水をすすると痰となり、のどから出てくることがあります。鼻と口が気道によって繋がっているために起こります。
風邪をひいていなくても鼻の粘膜が敏感なのでちょっとした気温の変化やほこりが原因で鼻水がでることもあります。風邪の初期によく鼻水が出て鼻づまりがおこります。

鼻水の原因

鼻水の原因で最も多いのは風邪によるもので、花粉症の季節になるとアレルギー性鼻炎が原因になることが多いです。

ウイルスや細菌などの感染による風邪

風邪のウイルスが鼻に侵入すると、鼻の粘膜から鼻水がたくさん分泌されます。鼻の粘膜が過剰に刺激されるといわゆる鼻風邪と呼ばれる急性鼻炎の症状を引き起こします。 最初はさらさらとした透明な水っぱなで、数日するとねっとりした鼻水にかわります。鼻水以外にも、鼻づまり、発熱、頭痛、頭重感などが現れることもあります。 また疲れが溜まっていると、鼻の粘膜や体全体の抵抗力が低下し、風邪に感染しやすくなります。

花粉やハウスダストなどのアレルギー性鼻炎

スギなどの花粉や、ダニやホコリなどのハウスダストといったアレルギーの原因になるものが、体内に侵入してアレルギー物質を産生し、鼻の粘膜を刺激して鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状を引き起こします。花粉が飛散している時期に起こる季節性アレルギー性鼻炎と、ハウスダストによる一年中続く通年性アレルギー性鼻炎があります。

急性副鼻腔炎

風邪などの粘膜の炎症が、副鼻腔と呼ばれる鼻の周囲にある空洞に広がって起こります。発熱や頭痛をともない、炎症の広がり方によっては、額の周囲、目と目の間、目の奥、歯などに痛みが現れることもあります。最初はサラサラとした鼻水が出て、その後黄色く粘り気のある鼻水に変化します。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

ウイルスによる急性副鼻腔炎に細菌感染が加わり、慢性的に繰り返すことで起こることもあります。粘り気を持った鼻水は鼻から出るだけではなく、のどに回ることもあります。他にも頭痛、頭が重い感じ、鼻づまり、嗅覚の障害などの症状が現れます。

血管運動性鼻炎

朝晩の気温差や湿度の変化など、わずかな刺激にも敏感に鼻の粘膜が反応して、鼻水、鼻づまり、くしゃみが起こることがあります。

鼻水の治療法

風邪の場合は、鼻水を止める抗ヒスタミン薬の入った風邪薬(PL顆粒、ピーエイ)を使用します。
花粉症の場合は、抗アレルギー薬(アレグラ、ジルテック、エバステル)を使用します。

鼻水の注意点

風邪のウイルスを寄せ付けないようにする

空気が乾燥して風邪が流行する時期は、マスクをして、積極的にうがいと手洗いをしましょう。また、普段から体力づくりを心がけ、風邪のウイルスに負けない抵抗力をつけることが重要です。

マスクをして保湿する

花粉症や血管運動性鼻炎の場合、マスクをして保湿、保温することで症状が緩和されます。

室温、湿度を調整する

空気が乾燥すると、ウイルスに感染しやすくなります。ウイルスが増殖しにくい環境を作るために、室温は20~25℃に、湿度は60~80%になるように調整しましょう。湿度の調整は加湿器、部屋に濡れタオルを干したり、お湯を沸かすことでも調整できます。

アレルギーの原因を避ける

ハウスダストなどアレルギーの原因物質がはっきりわかっている場合は、こまめに部屋の掃除をします。花粉症がある場合は外出のあと家に戻るときに服についた花粉を払う、部屋の拭き掃除をする、ふとんを外干ししないなど、アレルギーの原因物質を避けることが大切です。

生活習慣を改善する

うがいや手洗いの習慣化、アレルギーの対策などを意識して行いましょう。風邪をひいてしまった場合、悪化させないように十分な睡眠をとることも必要です。

ページトップへ