生活習慣病 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 生活習慣病

生活習慣病

【マンガ01】
生活習慣病

新宿駅前クリニックの生活習慣病の診療

新宿駅前クリニック内科では、高血圧脂質異常症(高脂血症)糖尿病痛風などの生活習慣病に力を入れて診療しております。

生活習慣病ついて

生活習慣病

20年ほど前までは、加齢によって発病しやすいため、成人病と呼ばれていましたが、生活習慣と密接な関係があることがわかってきたため、現在は、生活習慣病と呼ばれています。
高血圧は、塩分を控えるなどの食事療法や運動療法が大事ですが、それでも高血圧が続く場合は、血圧を下げる飲み薬で治療します。血圧手帳で血圧の推移を測定します。

脂質異常症は、以前は高脂血症と呼ばれていましたが、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)や中性脂肪が高い、もしくは、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が低い状態です。

コレステロールを控える食事療法、運動療法でも下がらない場合は、LDLコレステロールや中性脂肪を下げる飲み薬で治療します。定期的に血液検査をおこない、コレステロールや中性脂肪を測定します。

コレステロールを控える食事療法、運動療法でも下がらない場合は、LDLコレステロールや中性脂肪を下げる飲み薬で治療します。定期的に血液検査をおこない、コレステロールや中性脂肪を測定します。

糖尿病は、インスリンの分泌量が減ったり効き目が悪くなりなったりして、血糖値が高い状態が続きます。食事療法、運動療法、薬物療法で治療します。

痛風は、プリン体の過剰摂取により、高尿酸血症となり、引き起こされる病気です。プリン体の摂取を控えるなど食事療法や運動療法をしても、尿産値が下がらない場合は、尿酸値を下げる飲み薬で治療を開始します。定期的に血液検査をおこない、尿酸値を測定します。

生活習慣病は、健康診断の血液検査などで指摘されることが多く、症状がないこともあり、未治療で放置されがちです。

日頃から、運動する習慣をつけることが大事です。新宿には多くのスポーツジムがあります。

通常のスポーツジムもあれば、最近では、格闘技(ボクシングやキックボクシングなど)を取り入れたスポーツジムのファイトフィット新宿などもあり、選択肢が増えています。

ご自身にとって苦痛になりすぎない、自宅や職場の近くのスポーツジムに通われることをおすすめいたします。
働き盛りの30代~60代の方は、仕事も忙しく病院を、定期的に受診して、薬を処方してもらうことは続けにくいことかもしれません。

忙しくて、内科の病院にかかる時間がなく、途中で薬を飲むのを中断してしてしまった場合でも、処方を再開、継続しますので、ご安心ください。ご予約不要なので、細切れ時間にも、受診いただけます。

普段はご自宅近くの内科がかかりつけですが、時間がないときだけ、当院をご利用いただくことも可能ですので、状況により使い分けてください。

新宿駅前クリニック内科では、ご予約不要で、夜19時まで夜間診療しております。

ページトップへ