自然治癒を期待するのは危険?亀頭包皮炎は早期に治療を :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 自然治癒を期待するのは危険?亀頭包皮炎は早期に治療を

自然治癒を期待するのは危険?亀頭包皮炎は早期に治療を

亀頭包皮炎の豆知識へ戻る

亀頭包皮炎を発症した方の中には、「自分で治したい」という想いを抱いている方も多いかもしれません。病院に行く時間がないことや、性感染症の治療で病院に行くという気恥ずかしさがその理由でしょう。しかし、亀頭包皮炎は他の性感染症と同じように自然治癒が難しい病気です。自然治癒で治療しようとすると時間がかかるどころか、さまざまな合併症を引き起こしてしまうかもしれません。今回は亀頭包皮炎の自然治癒の可能性や、考えられる合併症についてお伝えします。

亀頭包皮炎はなぜ自然治癒が難しい?

亀頭包皮炎に効果あり、とされる治療薬は市販のものでも見つかります。これらを使用すれば、亀頭包皮炎を自分でも治せるのではないか?と考えるかもしれません。しかし、こうした治療薬を使用しても、やはり治療は難しいといわざるを得ないのです。

亀頭包皮炎には細菌性亀頭包皮炎とカンジダ性亀頭包皮炎の2種類があり、原因菌で分類することができます。治療にあたっては、それぞれの原因菌に応じた治療薬を使用しますが、2つの症状はよく似ており、一般の方が違いを見分けるのは困難です。間違った治療薬を使用すれば、当然効果はありません。このように「適切な治療薬を見つけるのが難しい」という事実が、亀頭包皮炎の自然治癒が難しい理由のひとつです。

放置していて症状が自然と収束していく場合がありますが、これは体内の原因菌なくなったことと同義ではありません。免疫力の低下などふとしたことがきっかけで症状が再発してしまうでしょう。また、原因菌のキャリアである事実は変わりませんので、性交渉のパートナーに感染させてしまうリスクは依然として残っています。

合併症の危険性

亀頭包皮炎の自然治癒を待っていると症状が長引き、合併症を発生してしまう可能性があります。

尿道が狭くなってしまう尿道狭窄、足の付け根にしこりができる鼠径部のリンパ節腫脹が代表的な合併症です。

最悪の場合、陰茎がんのように命に関わる合併症が起こる可能性もあります。

病院での治療がベストな解決策

すべての性感染症に共通していえることですが、基本的に自然治癒はあり得ません。症状が収束しているように見えても、細菌は体の中に残っています。再度、症状が現れる可能性は十分にあるのです。

早期の内に回復するためにも、将来合併症を起こす可能性を回避するためにも、病院の迅速に、確実に治してしまうのがベストな選択です。亀頭包皮炎を発症したら、早めに新宿駅前クリニックにお越しください。早期治療のお手伝いを我々がさせていただきます。

ページトップへ