水虫薬で亀頭包皮炎が治る? :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 水虫薬で亀頭包皮炎が治る?

水虫薬で亀頭包皮炎が治る?

亀頭包皮炎の豆知識へ戻る

亀頭包皮炎を発症しても病院に行かず、市販薬で治そうする方も少なくありません。病院に行くわずらわしさや、「性感染症に感染した」という後ろめたさがその理由でしょう。加えて、一部では「水虫薬で亀頭包皮炎が治る」という噂がまことしやかにささやかれています。今回はこの噂の理由や真偽に迫っていきます。

「水虫薬が亀頭包皮炎に効く」という噂の理由

亀頭包皮炎は、カビの一種である真菌が原因となって発症することがあります。これが、カンジダ性亀頭包皮炎と呼ばれるものです。一方、もうひとつ真菌が引き起こす病気の代表例が水虫です。

恐らくはこの「原因菌が同じ」という事実が、「水虫の薬で亀頭包皮炎が治る」という噂の発端でしょう。水虫薬の中でも「ラシミール」という薬は、亀頭包皮炎に効くとして使われることが多いようです。

本当に水虫薬は亀頭包皮炎に効くのか?

いくら原因菌が同じだからといって、水虫薬をそのまま亀頭包皮炎の治療に使用していいのでしょうか。

まず、市販されているラシミールは水虫の治療に特化したものです。商品説明には亀頭包皮炎に効果ある、といった内容は記載されていません。陰部への塗布で使用される「ラシミールクリーム」という薬が別にありますが、こちらは市販のラシミールとは違うものです。

また、亀頭包皮炎は真菌を原因とするものばかりではありません。細菌性亀頭包皮炎と呼ばれる真菌以外を原因菌とする亀頭包皮炎も存在します。この場合は、いくら対真菌用の薬を使用したところで効果はないでしょう。

以上の事実を統括すると、「水虫薬が亀頭包皮炎に効く」という噂は間違っているということになります。市販で手に入る水虫薬は陰部用のものではないため真菌に対す効果が期待できず、そもそも真菌を原因とする亀頭包皮炎でなければ全く意味がないのです。

確実で迅速な効き目を期待するなら病院の処方薬が一番

病気の治療薬は症状、原因といったシチュエーションに応じて適切なものを選ぶ必要があります。一般の方の知識では、最適な薬を選ぶことは困難です。また、市販薬で有効なものが流通しているとは限りません。

確実、かつ早めに亀頭包皮炎を治したければ、病院で検査を受け、処方される薬を使用するのが一番です。経済的にも市販薬を使用するよりリーズナブルになることが多いでしょう。

新宿駅前クリニックは患者様の検査結果に応じて最適な治療薬を処方させていただきます。亀頭包皮炎を早めに、確実に治したい、という方はぜひとも当院へお越しください。

ページトップへ