亀頭包皮炎の予防策 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 亀頭包皮炎の予防策

亀頭包皮炎の予防策

亀頭包皮炎の豆知識へ戻る

一般的に、包茎の場合は亀頭包皮炎を発症するリスクが高いと言われています。今回は包茎と亀頭包皮炎の関係性について深掘りしていきます。包茎の方は以下のような知識を頭に入れておくといいでしょう。

一般的な予防策

亀頭包皮炎の原因となるのはさまざまな雑菌です。日常生活に存在しているごくありふれた菌が、亀頭包皮炎の原因となり得ます。菌が付着した手でペニスに触るだけでも感染の可能性がありますので、手洗いを心がけることが予防策として有効です。

また、原因菌は不潔で湿気の多い場所を好んで繁殖します。入浴の際はペニスの包皮の中までしっかりと洗い、洗浄後はドライヤーで乾かすといいでしょう。

性行為での予防策

コンドームを使用しない性行為は、亀頭包皮炎以外にも多くの性感染症のリスクを高めます。いたずらにコンドームなしでの性交渉をするのは控えましょう。不特定多数のパートナーと性交渉をすることも、感染確率の増加、感染源がわからなくなる、といった結果をもたらします。

女性の性感染症であるカンジダ膣症の原因菌は、男性に感染すると亀頭包皮炎を引き起こします。そのため可能であればパートナーには性感染症の検査を定期的に受けてもらうことが望ましいです。

また、オーラルセックス、アナルセックスから原因菌を受け取り、亀頭包皮炎に発展する可能性も少なくありません。性風俗店でこうしたサービスを受ける場合も、亀頭包皮炎の可能性には十分警戒しましょう。

包茎の場合の予防策

包茎の場合、上述したような菌の繁殖条件が揃っていますので、亀頭包皮炎を発症しやすくなります。仮性包茎であれば、包皮をずらすことで亀頭の衛生状態と保つことができますが、包皮が動かない真正包茎の場合難しいかもしれません。

この場合、包茎の手術を行うのも有効な予防策です。真正包茎の方の中には、亀頭包皮炎を頻繁に発症すること理由に包茎手術に踏み切る方も少なくありません。

亀頭包皮炎を発症してしまったら……

以上の予防策を徹底していれば、亀頭包皮炎になる可能性を最小化することができます。しかし、発症の可能性がゼロになるわけではありません。亀頭包皮炎を思われる症状が現れたら、すぐに病院で診断を受けましょう。

新宿駅前クリニックは亀頭包皮炎の治療から、完治後の予防アドバイスまで、患者様からのご相談をお待ちしております。1人悩むことはせず、いつでもお気軽に当院へとお越しください。

ページトップへ