亀頭包皮炎の原因とは :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 亀頭包皮炎の原因とは

亀頭包皮炎の原因とは

亀頭包皮炎の原因へ戻る

亀頭包皮炎の原因となる菌は、カビの一種である真菌や黄色ブドウ球菌や大腸菌などごくありふれた菌です。そのため、感染経路となるのは性交渉だけとは限りません。今回は、亀頭包皮炎の原因となる行動・習慣の中から代表的なものをご紹介します。

性交渉

真菌のキャリアとなっているパートナーと性交渉をした場合や、性交渉の最中にペニスに傷がついた場合は、亀頭包皮炎につながる可能性が高くなります。また、自慰行為でペニスにダメージを与えてしまった場合も、発症の可能性はゼロではありません。コンドームを使用しない性行為や、性風俗店で受けるオーラルセックスのサービスなども原因となります。

不潔な状態

ペニスを不衛生な状態にしておくと、原因菌が繁殖しやすくなるため亀頭包皮炎を発症する可能性が高くなります。包茎の場合は衛生状態を保つことの難しさや、包皮の中が蒸れやすいことから、さらに発症のリスクは高まります。そのため、子供が亀頭包皮炎を発症することも珍しくありません。

洗いすぎ

ペニスを神経質に洗いすぎると、亀頭包皮炎のリスクが高まります。一般的な石鹸、ボディソープでは雑菌を消滅させることはできますが真菌に対しては効果がありません。他の雑菌がないのにもかかわらず、真菌だけが生息する状態になってしまうと、カンジダ性亀頭包皮炎を発症しやすくなってしまいます。また、刺激の与えすぎによりペニスに傷がついてしまうことも原因のひとつといえるでしょう。

免疫力低下

亀頭包皮炎はどこにでもある菌を原因としているため、免疫力が低下した状態で生活しているだけでも発症リスクは高まってしまいます。体調不良時の性行為は注意が必要です。また、慢性的な糖尿病を患っている場合も亀頭包皮炎を発症する可能性は高まります。

このように原因となる習慣・行動の多さが、亀頭包皮炎の特徴といえるかもしれません。性交渉だけが原因ではないことから、子供でも発症することがあります。一概に性感染症と定義することはできません。

「ペニスの異常は性感染症である」というイメージから治療をためらっている方もいますが、亀頭包皮炎は上述した通り特別な病気ではありません。心当たりとなる性交渉がなくても、発症する可能性は十分にあります。亀頭包皮炎と思しき症状が現れたら、ぜひとも気軽に新宿駅前クリニックへとご相談にお越しください。当院の医師が患者さまの完治に向けたお手伝いをさせていただきます。

ページトップへ