この時期は気を付けて!花粉症の症状がピークになる時期 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • この時期は気を付けて!花粉症の症状がピークになる時期

この時期は気を付けて!花粉症の症状がピークになる時期

花粉症の豆知識

花粉症の別名は「季節性アレルギー鼻炎」です。特定の季節が来ると舞う花粉により、免疫のバランスが崩れている方はくしゃみ、咳、鼻水といった症状に苦しめられてしまいます。花粉の飛散が多くなる時期をあらかじめ知っていれば、先に治療を受けておくなど対策しておくことができそうです。今回は花粉症の症状に気を付けるべきピーク時期についてお話しします。

花粉はいつから飛び始めるのか

花粉症というと春先というイメージが強いかもしれません。実際に春先になると、多くの方はマスクをして花粉の侵入を防いでいます。しかし、春先になってようやく花粉症対策をしているようでは少し遅いかもしれません。

花粉症を引き起こす代表的な花粉、「スギ」の花粉はなんと2月からかなり量で飛散しているのです。関東地方では2月以降、4月末までスギ花粉の飛散が多くなり、花粉症への注意が求められます。花粉症を自覚している方は1月末ごろに対策を始めても、決して早すぎることはないのです。

初期療法であらかじめ症状を抑える

花粉がピークとなるタイミングがわかったところで、「マスクを早くするぐらいしかできない……」とお考えかもしれません。しかし、病院にいくことでその年の花粉症の症状を最小限にとどめることができる方法があります。それが、「初期療法」と呼ばれるものです。

一般的な花粉症治療は症状が出てから緩和を目的として行われます。一方で初期療法は症状が出る2週間ほど前に行うことで、ピーク時の症状を軽くしたり、発症を遅らせたりすることができるのです。症状が出る前に行うため、患者様にとってあまり一般的ではないかもしれませんが、是非受けていただきたい治療といえます。

治療開始が遅いと薬が効きにくくなる

初期治療の重要さは先に述べたとおりです。一方、逆にピーク時に入って症状が悪化した状態だと、薬が効きにくくなってしまうケースがあります。毎年、花粉症になっている方は花粉症に対して構えておくことができますが、花粉症を経験したことがない方は注意が必要です。

上述した花粉が多く飛散する時期にくしゃみ、鼻水、目のかゆみといった症状が出たら、花粉症を疑ったほうがいいでしょう。それまでは問題なかったとしても体質の変化やストレスから花粉症を発症してしまうことがあります。新宿駅前クリニックは花粉症がはじめての患者様に対しても、適切なアドバイスをしています。不安や悩みなどをお気軽にご相談ください。

ページトップへ