強い眠気……それは花粉症と密接な関わりがあった :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 強い眠気……それは花粉症と密接な関わりがあった

強い眠気……それは花粉症と密接な関わりがあった

花粉症の豆知識

花粉症の症状といえばくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどが一般的です。さらに、花粉症にかかるとなぜか強い眠気に襲われる人が多いようです。花粉症にかかるとなぜ眠くなってしまうのでしょうか。実は、花粉症と眠気は密接な関係で結ばれているのです。今回は両者の関係性について深掘りしていきます。

眠気は花粉症の二次的症状

眠気は花粉症が引き起こす直接の症状というわけではありません。それにも関わらず、花粉症患者の多くは強い眠気を訴えています。考えられる理由は以下のようなものです。

鼻づまりが酸欠を引き起こす

花粉症の代表的な症状といえば、鼻づまりです。多くの花粉症患者は鼻づまりによる呼吸の苦しさに悩まされています。そしてその結果引き起こされるのが、血中酸素濃度の低下による軽い酸欠です。この状態だと人は眠気に襲われやすくなります。花粉症対策として用いられるマスクも、酸欠につながる一因といえるでしょう。

花粉症の症状による疲労

くしゃみ、咳などの花粉症の諸症状は、体のエネルギーを少しずつ奪っていきます。それぞれ一回あたり、なんと2キロカロリー程度の消費となるそうです。それぞれ何度も繰り返せば、軽い運動をしたのと同じくらいのエネルギーを消費していることになります。当然ながら、体への負担は相当なものです。そのため、こうして花粉症で疲れた体は、睡眠を求めてしまうのです。

季節の変わり目

花粉が飛び始めるのは、冬が明けて春へと切り替わる時期です。この時期には自律神経や生活リズムの崩れから、花粉症にかかっていない人でも眠くなりがちではないでしょうか。つまり、春先など季節の変わり目は、そもそも眠くなりやすいということです。上述したような状況にこのような季節的な要因が加われば、耐え難い眠さを感じてしまうのも頷けます。

花粉症治療薬による副作用

花粉症の治療に用いられる治療薬は、副作用として眠気を引き起こすものが多いです。一般的に効果の強さに比例して引き起こされる眠気も強くなると言われています。あまりに眠気が強く、日常生活に支障をきたしている場合は、医師に申し出て薬を変えてもらうのもいいでしょう。

辛い眠気から解放されるために

眠気が強すぎると、仕事や勉強も滞ってしまいます。眠気から解放するためには、早く花粉症の症状を収束させてしまうのがベストな選択肢といえるでしょう。新宿駅前クリニックがそのお手伝いをさせていただきます。眠気が少ない治療薬も処方しておりますので、ご相談ください。

ページトップへ