花粉症治療薬の種類 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 花粉症治療薬の種類

花粉症治療薬の種類

症状が現れた後の薬物療法へ戻る

花粉症になると、くしゃみ、鼻水、目のかゆみといったさまざまな症状が発症します。治療では、それぞれの症状に合わせた治療薬を処方するのが一般的です。今回は実際に花粉症の治療で用いられる治療薬の種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

花粉症治療で用いられる治療薬

花粉症治療で用いられる治療薬として代表的なものが、「抗ヒスタミン薬」「抗アレルギー薬」「ロイコトルエン拮抗薬」、漢方などです。それぞれについて以下でご説明しましょう。

抗ヒスタミン薬

くしゃみ、鼻水に対して効果的なのが「抗ヒスタミン薬」です。こちらは花粉の吸入によって発生する原因物質「ヒスタミン」の働きを抑える作用があります。効果は強く短いのが特徴です。また以前の抗ヒスタミン薬は副作用として服用すると眠気に襲われることがありましたが、最近のものはかなり眠気が少なくなってきています。

抗アレルギー薬

アレルギーの原因物質であるヒスタミンの放出を抑えるために用いられるのが「抗アレルギー薬」です。抗アレルギー薬を服用すると症状が軽くなる、また、発症が遅くなるといった効果が期待できます。予防効果があることから、発症の前に行う初期治療の薬としても処方されています。また、シーズン中はこの抗アレルギー薬を服用し続けるのが一般的です。それほど効果の強い薬ではありませんが、症状が軽い場合は他の薬に頼らずこの薬だけで快方に向かっていきます。

ロイコトルエン拮抗薬

花粉症の鼻づまりには通常、ステロイド点鼻薬などを処方します。しかし、鼻づまりの症状がひどい場合は「ロイコトルエン拮抗薬」を用いることがあります。

こちらは血管を拡張し鼻粘膜の広げる「ロイコトルエン」という化学物質が含まれています。花粉症の他には喘息対策としても用いられている薬です。何日かにわけて服用することで、徐々に効果があらわれていきます。

漢方

上述したような治療薬は、直接的な症状の緩和を目的として処方されるものです。一方、体質を改善することで症状を緩和する、また花粉症になりづらい体をつくる目的で処方されるのが漢方薬です。当クリニックでは「小青竜湯(ショウセイリュウトウ)」「葛根湯加辛夷川(カッコントウカセンキュウシンイ)」といった漢方を患者さんの症状にあわせて処方しています。

症状に応じた治療薬を服用することが重要

このように多くの花粉症治療薬が存在しています。新宿駅前クリニックでは今回ご紹介したものを含むさまざまな花粉症治療薬を患者様の症状に合わせ処方しています。花粉症の症状で辛い想いをされている方は、是非一度足をお運びください。

ページトップへ