花粉症の治療方法 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 花粉症の治療方法

花粉症の治療方法

花粉症の治療法へ戻る

花粉症の治療がどのように進むのか気になっている方も多いのではないでしょうか。確かに風邪など他の病気と比べて、治療の流れが想像できないかもしれません。医療機関によって治療方法は異なるものの、基本的な流れは同じです。花粉症治療の進め方をご紹介しましょう。

原因物質の特定

まずは原因となっている花粉はなんなのか原因物質(アレルゲン)を特定しなければなりません。原因物質によって治療方法や治療薬が異なってくるのです。

原因物質は体内のIgE抗体を調べることによって判明します。スギ、ヒノキ、ブタクサといった花粉が体内に侵入すると、体内にはそれぞれに応じたIgE抗体が作られるためです。IgE抗体を調べるためには、血液を検査する必要があります。

薬物治療

花粉症の治療は基本的に薬物治療が中心です。薬物治療の内容は症状の発症を防ぐためのもの、症状を緩和させるためのものに分けられます。

症状の発症を防ぐために行われる初期療法は、症状の発症を遅らせることにもつながります。その結果として、全体的な治療のために処方される薬の量を減らすことができるのです。初期療法の恩恵を最大限受けるためには、症状がまだ出ていない段階から薬を服用する必要があります。

くしゃみ、鼻づまりといった実際的な症状が出しまっている場合は、抗アレルギー薬を服用し、症状を緩和します。また、体質改善による免疫力の向上のため、漢方薬を処方することもあります。

自力で行う花粉症治療

薬物治療以外にも自力で花粉症治療・予防を行っていく方法があります。基本的には原因物質となる花粉を吸い込まないようにする取り組みが重要です。外出時のマスク、メガネをすれば、花粉の吸入を大幅に抑えることができます。また衣服にも花粉が付着していますので、帰宅した際は丁寧に払い落とす必要があります。風邪の予防対策のように、うがい手洗いも効果的です。

花粉症の症状を最小するためには早めの来院が肝心

花粉症治療は基本的に薬を服用し、症状の収束を待つという流れです。症状を可能な限り軽減するためには、症状が発症する前に行う初期療法が特に重要となります。初めての花粉症の場合は仕方ありませんが、「去年から花粉症になった」という方は発症する季節を見越し、先んじて初期治療を受けておいた方がいいでしょう。新宿駅前クリニックでも花粉症の症状を抑えることができる抗アレルギー薬を処方しております。花粉症をお持ちの方は、ぜひとも症状が現れる前に来院してください。

ページトップへ