花粉症とアレルギーの密接な関係 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 花粉症とアレルギーの密接な関係

花粉症とアレルギーの密接な関係

花粉症へ戻る

花粉症とアレルギー。この2つは密接な関係で結びついています。実は、花粉症がアレルギーの原因となってしまうことも……あなたが悩まされているアレルギーを引き起こしたのは、実は花粉症のせいかもしれません。今回は、切っても切れない「花粉症とアレルギーの関係性」についてお話しします。

花粉症とは「季節性アレルギー鼻炎」

花粉症は季節ごとに飛散する花粉を吸い込むことにより発症します。症状として代表的なのはくしゃみ、せき、目のかゆみなどで、これらの症状は「季節性アレルギー鼻炎」と呼ばれるものです。つまり、一般的に花粉症と呼ばれている症状そのものが、花粉によるアレルギー反応なのです。花粉症における原因物質(アレルゲン)は、花粉ということになります。

花粉症を発症するかどうかは、体内の免疫バランスにかかっているといわれています。体内の免疫バランスが崩れていると、体内に入り込んだ花粉を有害なものとして除外するため、上述したようなアレルギー反応が現れるのです。花粉が多く飛び交う時期は植物や地域によって違います。これが「季節性アレルギー鼻炎」と呼ばれている所以です。

口腔アレルギー症候群

特定の食べ物を食べたときに喉の腫れ、口内のしびれ、ショック症状などを起こすことがあります。こうした反応は「口腔アレルギー症候群」と呼ばれるものです。花粉はこの口腔アレルギー症候群を引き起こす原因ともなります。

花粉症を発症すると、身体の中でアレルゲンに対する抗体が作られます。これらの抗体は花粉のアレルゲンだけではなく、形のよく似た果物・野菜のアレルゲンにも反応してしまうのです。そのため、特定の果物・野菜が口に入ると上述したような症状が出てしまうことがあります。

花粉の種類によってアレルギー反応が出てしまう食物は異なります。シラカバ花粉であればココナッツ、リンゴ、モモ、サクランボ、梨、イチゴ、セロリといったものがアレルギーの対象となります。ブタクサ花粉であればズッキーニ、バナナ、スイカ、メロン、きゅうりといったものを食べると反応が出てしまいます。

 

花粉症から解放された生活のために

花粉症の症状は季節性アレルギー鼻炎のくしゃみ、せき、目のかゆみといったものだけではありません。口腔内アレルギー症候群で食べられる野菜・果物を制限されてしまうと、健康な食生活にも悪影響が出てしまいます。新宿駅前クリニックはこうした花粉症にまつわるさまざまな悩みを解決するお手伝いをさせていただきます。お気軽にお悩みをご相談ください。

ページトップへ