花粉症初期療法 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 花粉症初期療法
 

花粉症初期療法

花粉症の治療は治療時期により3段階に分けられます。

①初期療法:強い症状が出る前から治療する
②導入療法:強い症状が出てから治療する
③維持療法:良くなった状態を維持するために治療する

初期療法は、自分が花粉症だと知っている方ができる療法です。花粉の飛散時期はニュースや各種サイトで調べることができます。飛散の開始時期より2~3週間前に内科や耳鼻科(耳鼻咽喉科)などの医療期間を受診して、内服治療を開始するのです。

花粉に触れる少し前から体に薬を入れておくことで、本格的な花粉症シーズンの症状を抑えることができます。スギ花粉症であれば、早いかと感じるかもしれませんが、1月中旬から抗アレルギー薬による内服治療を始めるのが一般的です。1月というとインフルエンザやノロウイルスの流行時期でもありますが、その頃から春を見越して花粉症対策をしておくことをお勧めします。

初期療法を適切に始めることができると、症状の出始める時期が遅くなり、ピーク時の症状を抑えられ、症状の終了が早くなると言われています。薬はその時期・症状に応じて医師が処方しますので、まずは早めに医療機関を受診しましょう。内科、耳鼻科、アレルギー科などの病院でおこなっていますが、事前にその病院で初期療法をおこなっているかどうか確認しておいてもよいでしょう。

時期に応じて初期療法では主に抗アレルギー薬を出します。花粉症のようなⅠ型アレルギーでは、細胞がアレルゲンに反応した際に、ヒスタミンやロイコトリエンといったケミカルメディエーターと呼ばれる伝達物質を放出します。これは細胞と症状の仲介役を果たしており、このヒスタミンやロイコトリエンが間に入ることで体の各器官がアレルギー症状を起こします。この仲介役を出さないようにしたり、働きを抑えるのが抗アレルギー薬です。

抗アレルギー薬は眠気が比較的少なく、アレグラ・エバステル・アレジオン・クラリチン・タリオン等があります。1日1回の内服でコントロールできるものにはエバステル・クラリチン・アレジオンがあります。鼻詰まりがひどいときにはロイコトリエンに作用するオノンやシングレアの内服、鼻詰まりが非常に強い時だけ使用する点鼻薬の血管収縮剤もあります。

抗アレルギー薬による初期療法を行ってもピーク時に症状がひどいときには、内服や点鼻・点眼でステロイド薬を使うことがあります。医師の指示のもとで短期間使用する分にはステロイド薬も副作用が出ることがなく安全です。これらに併せて体質改善を期待して漢方薬を使うこともあります。

このように薬の使い分けは症状の管理に重要です。市販薬でも症状をある程度抑えることは可能ですが、症状が出るメカニズムを理解した上で治療していくことが、花粉症とつきあっていくには必要です。新宿区西新宿にある新宿駅前クリニック内科では、予約不要で診療しておりますので、仕事の合間や仕事帰りにでもお気軽にご相談ください。

ページトップへ