インフルエンザの治療薬について :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • インフルエンザの治療薬について

インフルエンザの治療薬について

インフルエンザとはへ戻る

インフルエンザの治療薬にはいくつかの種類があります。もっとも一般的なのは「タミフル」ですが、他にも「リレンザ」「イナビル」といった治療薬が存在しており、効果や服用方法もさまざまです。今回はこうしたインフルエンザ治療薬について、それぞれの特徴をご紹介します。

オセルタミビルリン酸塩

A型・B型のインフルエンザ治療薬として用いられるのが、「オセルタミビルリン酸塩」です。「タミフル」という商品名のほうが有名ではないでしょうか。カプセル剤で口から服用するのが一般的です。

タミフルは発症から48時間以内に服用するのが原則となっています。それ以上時間が経ってから服用しても効果を得られないことがあるのです。そのため、発症かなりの時間が経過している場合は、他の治療薬を服用することになります。

ザナミビル水和物

タミフル同様、A型・B型インフルエンザに効果的な治療薬が「ザナミビル水和物」です。通常は「リレンザ」という商品名で呼ばれています。こちらは粉薬となり、専用の吸入器で吸入します。

1日2回の吸入を5日間続け、症状の収束を待ちます。気道を伝って吸入することにより、気道で増殖するウイルスの活動を抑えることができるのが、リレンザの特徴です。

ラニナミビルオクタン酸エステル水和物

「ラニナミビルオクタン酸エステル水和物」はA型・B型インフルエンザの治療薬として使用されています。商品名は「イナビル」です。リレンザと同様に吸入器を用いて服用する吸入薬となります。

イナビルは複数日に渡る吸入を続ける必要はありません。初回の吸入だけで服用が終了してしまうのです。10歳以上であれば容器2つ分を、10歳未満であれば1つ分を吸入することになります。

ペラミビル

「ペラミビル」は対A型・B型インフルエンザ用の治療薬です。日本では「ラピアクタ」という商品名で流通しています。こちらは点滴のように注射して投与する薬です。

投与する量は年齢や症状に応じて変化しますが、最大300mgの薬剤を15分以上の時間をかけて点滴を行います。通常はこの初回の投与のみで治療が完了し症状の収束を待ちますが、よほど症状が重い場合はさらに薬剤を点滴する場合があります。

またタミフルと同様に効果がある時間が、発症から48時間以内と限定されているのも特徴です。時間が経ちすぎている場合は、他の治療薬の使用を検討する必要があります。

アマンタジン塩酸塩

アマンタジン塩酸塩はA型インフルエンザ治療用の薬です。経口投与する治療薬となります。商品名は「シンメトレル」です。

ウイルスが変異し有効性が認められなったことから、シンメトレルは現在ではほとんど使用されていません。一方、「パーキンソン病」への有用性は現在も認められており、主にこちらの治療薬として使用されています。

正しい治療薬で迅速な完治へ

新宿駅前クリニックでは患者様に合わせてさまざまな治療薬を処方しています。迅速な快方に向かうため、ぜひ当院の診断を受けてください。

 
ページトップへ