種類別にみるインフルエンザの症状 :新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 種類別にみるインフルエンザの症状

種類別にみるインフルエンザの症状

インフルエンザとはへ戻る

インフルエンザにはいくつかの「型」があります。テレビなどで、こうした情報を知っている方も多いでしょう。しかし、それぞれのインフルエンザが具体的にどのように違い、どのような症状を持っているのかについては少し専門的な知識となり、詳しく知っている方はあまり多くないはずです。今回はインフルエンザに関する初歩的な知識として、それぞれのインフルエンザタイプの特徴をご紹介します。

人間が感染するインフルエンザは3種類

インフルエンザにはさまざまな種類がありますが、人間に感染するのは「A型」「B型」「C型」の3種類です。ニュースなどで、「今年は○型が猛威をふるっています」などといった話題を聞いたことがあるのではないでしょうか。それぞれのタイプが具体的にどのような症状を引き起こすのかについて、以下でご説明しましょう。

A型インフルエンザ

A型インフルエンザは3種類の中でも、最も強い症状を引き起こすインフルエンザです。多くの方が思い浮かべる38度以上の高熱、関節痛・筋肉痛、のどの痛みといったインフルエンザの症状は、A型のものと考えて差し支えありません。脳炎・脳症や肺炎といった深刻な症状を引き起こす場合もあります。
さまざまな亜種へと変異するのが、A型インフルエンザの特徴です。タイミングによってはワクチンの開発が変異に追いつけず、予防接種による効果が期待できないことがあります。うがい手洗いなど生活のレベルから予防週間をつけることが大切です。

B型インフルエンザ

B型インフルエンザはA型のように強烈な症状はありません。強いて言えば、お腹に与えるダメージが強く、下痢や腹痛といった「お腹の風邪」のような症状が現れます。毎年少なからず流行しますが、A型のような爆発的感染力はありません。また、A型がヒトを含めたさまざまな動物に感染するのに対し、B型はヒトとヒトの間でしか感染しないのも特徴です。

C型インフルエンザ

さほど流行している傾向はみられませんが、インフルエンザにはC型も存在します。こちらは6歳以下の子供の感染が多いインフルエンザです。ウイルスの変異が乏しいため、一度感染すると体に抗体が生成され、2回目以降の感染率が減少する、もしくはかかっても軽症になります。症状は風邪に似ており、インフルエンザとしてはかなり軽いものです。そのためインフルエンザとは気づかず、風邪と勘違いしたまま自然治癒してしまうことも少なくありません。

「あれ?インフルエンザかな?」と思ったら早めの診断を

以上が各インフルエンザの代表的な特徴です。特にA型インフルエンザの感染には細心の注意を払った方がいいでしょう。予防接種を受けるのが望ましいのはもちろんのこと、流行時のうがい・手洗いは必須です。また、インフルエンザらしき症状を感じたら、ためらわずに新宿駅前クリニックに足を運び、さらなる悪化を防ぎましょう。

 
ページトップへ