インフルエンザ 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • インフルエンザ

インフルエンザとは

【マンガ01】
インフルエンザとは
【マンガ02】
インフルエンザとは

インフルエンザウィルスに感染して引き起こされる疾患で、風邪症候群の1つです。通常の風邪と異なり、40度近くの高熱や喉の痛み、咳、そして筋肉痛や全身倦怠感などの重い症状が出て来ます。インフルエンザウィルスは潜伏期間が短く、そして感染力が非常に強力です。流行の兆しが見えるとその後は爆発的に流行し、ときには数万人単位で感染することもあります。また、体内入ったウィルスは急速に増殖し、抵抗力の弱い小児や高齢者がかかれば命にかかわることも少なくありません。免疫抗体ができれば体内のウィルスも減少していくのですが、その間に重大な合併症に至らないよう治療を進めることが大切です。

インフルエンザの種類と原因

インフルエンザウィルスとして、A型、B型、C型の3種類が確認されています。特に要注意なのがA型とB型で、流行して症状が重症化しやすいのは、この2つの型のいずれかです。さらに、A型は変異により新型や亜型が生まれることがあるため、その場合はワクチンの効果が無くなってしまいます。そして、定期的に発生するウィルス変異により、変異後は世界的な大流行に至ることがあります。ウィルス感染の多くは、保菌者の咳やくしゃみにより周囲へウィルスが撒き散らされ、それを吸い込んでしまうことが原因です。特に冬の乾燥した季節になるとウィルスが浮遊しやすいため、それに伴い人々が吸い込む確率も上がります。冬にインフルエンザが流行しやすいのは、そのためです。

インフルエンザの症状

感染して2日前後に突発的に40度近くの高熱が出ます。そして、全身倦怠感、悪寒、筋肉痛、関節痛、咳、鼻水、のどの痛みなど…およそ風邪症候群で確認される諸症状の多くが同時に発生します。時には胃腸へも影響が及び、その際には腹痛とともに下痢が繰り返されます。そのような苦しい状態のため、食事が喉を通りづらく、また下痢により水分も失われるため、体力の消耗が激しくなります。

インフルエンザの検査

インフルエンザ診断キットで検査を行ないます。長めの綿棒で鼻や喉を数回擦って粘膜を採取し、そこにインフルエンザウィルス特有のものが含まれているかを検査します。最近では10数分で結果が判明し、その場でウィルス感染の検査結果を知ることが出来ます。

インフルエンザの診断

インフルエンザ診断キットで陽性反応が出ればインフルエンザ感染は確実ですが、発症して1日以内に検査した場合、実際に感染していたとしても陰性になる場合があります。そのため、検査の結果陰性であったとしても、患者さんの病歴や患者さんの周囲の状況、また発症している症状などから医師の知見により総合的に診断をしていきます。

インフルエンザの合併症

合併症として肺炎や脳炎が見られます。肺炎は特に高齢者がかかりやすく、発症後は呼吸困難や低酸素血症に陥り、そして死に至る確率も決して低くはありません。脳炎の方は主に乳幼児で発症しやすく、治療して死を免れたとしても、その後何らかの後遺症が残ることもあり、高齢者の肺炎とともに極めて注意を要する合併症です。合併症へ至らないようにするには、なによりインフルエンザ自体を予防することが肝要で、そのためにはインフルエンザ予防接種を予め受けておくことがとても大切です。

インフルエンザの治療法

タミフル主に抗インフルエンザ薬による治療を行ないます。使用する薬は、リレンザ、タミフル、イナビルなどを使用します。
いずれもウィルスの増殖を抑える効果があり、発病後48時間以内に服用する必要があります。効果は非常に高く、また肺炎等の合併症を併発するリスクも低いことが試験によって確認されています。また、インフルエンザによる諸症状を抑えるために対症療法を行うこともあります。対症療法としては、他の風邪症候群と同様に解熱鎮痛剤や抗ヒスタミン剤、また咳止め等を処方します。なお、小児が一部の解熱鎮痛剤を服用した場合、稀にライ症候群や脳炎を併発するという指摘があるため、決して患者さん個人の判断で治療を進めるのではなく、内科の医師の判断と指示に従うことが重要です。

インフルエンザの予後

個人差がありますが、おおよそインフルエンザ発症から3日程経つと体内のインフルエンザウィルスが減少し始め、そして3~5日後あたりに解熱し始めます。炎症の程度により軽い喉の痛みや違和感も残りますが、起き上がれる程には回復します。ただし、体力が完全に回復するにはさらに時間が必要で、最低1週間は回復期間として見ておいたほうが無難です。ただし、高齢者や他の慢性疾患を患っている人であれば、回復期間はさらに多めに見積もっておいた方が良いでしょう。

インフルエンザの注意点

通常の風邪症候群と同様に、治療を長引かせないためには患者さん自身の体力が必須です。そのため、発症中は安静にして体力を低下させる行動は極力避け、栄養価が高くまた消化の良い食品を摂ることが大切です。また、解熱して起き上がれるようになってとしても、ウィルス自体は体内にまだ残っていること多いため、しばらく人との接触は避けたほうが良いとされています。学校や勤め先でも、解熱した後でもさらに休養を摂るよう指示されることがありますが、それはこのような事情を考慮してのことです。
新宿駅西口クリニックでは、インフルエンザ検査、インフルエンザ予防接種(1回3000円(税込)でおこなっております。

インフルエンザの豆知識

 
ページトップへ