淋病の症状 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 淋病の症状

淋病の症状とは

淋病は淋菌感染症ともいわれ、尿道に痛みや膿などの症状が見られる性感染性です。クラミジア感染症や性器ヘルペスと同様に、患者数が多い性感染症です。
近年、淋病感染者数は横ばいから、やや減少傾向にあるものの、まだまだ身近な性感染症となっています。

症状は主に男性に見られることが多く、女性は無症状のまま進行していくことが特徴。
そのため、性器クラミジア感染症と同様に、淋病も早期治療やパートナー同士の感染予防が大切です。

淋菌感染すると起こる症状とは

淋菌に感染すると、男性は尿道のかゆみや膿が出るなどの淋菌性尿道炎の特徴的な症状があらわれます。これらの症状は、淋菌に感染後2〜9日前後の潜伏期間を経て、あらわれることが多くなっています。

淋菌が原因で起こる淋菌性尿道炎は、尿道のかゆみや熱感、激しい排尿時の痛み、黄色くドロドロした膿が出るなどの症状が見られます。

女性の場合には、おりものの増加や性器のかゆみなどの症状が見られますが、ほとんどは無症状でそのまま放置されることが多くなっています。そのため、症状に気がつかず悪化してしまい、卵管炎や子宮頸管炎、骨盤内炎症疾患などを引き起こすことがあります。
これらの疾患は不妊や母子感染の原因になるので、気をつけましょう。

どこにどんな症状が出ているか?

淋病に感染すると男性には尿道炎の症状が見られますが、喉に感染した場合は「淋菌性咽頭炎」を引き起こします。性病が原因となる咽頭炎には、淋病の他にクラミジア感染によるものもあり、風邪と症状が似ているため、見分けづらい症状の一つです。

淋菌性尿道炎の症状

淋菌性尿道炎は、淋菌が尿道に感染し、炎症を起こしている状態。淋菌に感染後2〜9日の潜伏期間を経て、膿性の分泌物が尿道から見られ、排尿時に痛みが生じます。

尿道からの膿や排尿痛はクラミジア感染症やトリコモナス感染症にも見られる症状ですが、淋菌性尿道炎は激しい痛みが特徴です。

また、症状が出たまま放置して悪化させると精巣上体に炎症がおよんで、陰嚢(金玉)が大きく膨らんで痛みがでます。この痛みは強く、歩行困難になったり、発熱や悪寒などの全身症状があらわれたりします。精巣上体炎になると、男性が原因の不妊が起こる可能性につながります。

咽頭淋病の症状

咽頭淋菌に感染すると、主な症状として、咽頭部(のど)の痛みや腫れ、咳、発熱などの風邪によく似た症状が見られます。症状が風邪と似ているので、咽頭淋病だと気づかず、適切な治療をせずに悪化させた場合、咽頭炎や扁桃炎を発症します。

咽頭淋病は喉の見た目には明らかな変化が見られないことが特徴。そのため、病院でも風邪と診断されることもあります。また、咽頭クラミジアも同様の症状が見られます。
このことから、淋菌検査の重要性がうかがえますね。

症状をそのままにしていると?

淋病の症状がでたまま治療せず放置していると、治らずにどんどん悪化していきます。性器淋病の場合、陰部の痛みは強くなり、生活が困難になってしまうことも。

女性の場合は淋病に感染すると子宮頚管炎を起こし、不妊や産道感染などの原因にもなります。

つらい陰部のかゆみや痛みと膿

男性の淋菌性尿道炎では、尿道のかゆみや痛み、多量の膿が見られることをご説明してきました。

これらの症状を放置すると、精巣まで炎症が広がってしまい、精巣上体炎を発症します。精巣上体炎になると、陰嚢が大きく腫れ、痛みが強く歩行困難になり、全身症状が出る危険性があります。

性行為や自慰行為について

淋病の症状が出ている状態で性行為や自慰行為をしてしまうと、パートナーだけでなく自分自身の症状の拡大につながります。

たとえば、自慰行為で淋病の感染部位に触れた手で目に触れると、淋菌性結膜炎になることがあります。このように、淋病の感染経路は性行為だけではなく、接触感染で引き起こされることも多くなっています。

ご自身が感染源とならないよう、早期検査・早期治療をするようにしてください。

女性が淋病に感染すると?

女性が淋病に感染すると、おりものの増加や悪臭、膿の混ざったおりもの、性交痛、外陰部のかゆみなどの症状を引き起こします。しかし、女性は淋病に感染しても自覚症状がないことが多いため、そのまま進行させて卵管炎や、妊娠時に母子感染する可能性があります。

妊娠時の母子感染とは、胎児が産道を通過する時に淋菌による結膜炎を発症する産道感染を指します。

淋病の症状が出ている人の注意点

淋病は、性交渉やオーラルセックスなどのあらゆる性行為が原因で感染します。症状がでている時は早めに病院を受診し、医師による性感染症診断を受け、適切な治療を受けるようにしてください。

また、性交渉だけでなく感染部位を触ることでも感染が拡大する可能性があるため、感染予防を行うことも必要になります。

淋病は、主に抗菌剤・抗生物質の内服や点滴で治療します。
薬剤を内服や点滴しても完治しているわけではないので、治療中の方や治療後の確認検査が済んでいない方は、性交渉を控えるなどパートナーへ感染させないことが重要です。

ページトップへ