包皮線 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 包皮線

包皮線

包皮線

陰茎の亀頭と包皮をつなぐ裏筋の両側に、ブツブツしたものができることです。場所的に男性が自分ではなかなか気づかないこともあります。包皮腺はタイソン腺ともいわれています。

このブツブツは脂肪の塊のようなもので、十人十色で数も見た目も違うことが多いです。様々なパターンがあります。恥垢が包皮腺付近の包皮と亀頭の内側に溜まりやすく、不潔になりやすくなるため異臭の原因にもなります。

包皮腺の診断

場所が場所だけに、ブツブツを発見すると性感染症の一種、コンジローマが疑われることもあります。パートナーからも「性感染症では…」と思われてしまうこともあります。確かにコンジローマであれば治療が必要です。パートナーへの感染の可能性もありますし、治療にはベセルナクリームという少し特殊な塗り薬を使用します。

逆に考えると、診断を間違えると無用な通院・投薬を受けることになります。他にも間違われやすいものに性器ヘルペス・梅毒・フォアダイス・光沢苔癬真珠腫様小丘疹・非性病性硬化性リンパ管炎・亀頭包皮炎・皮膚細菌感染症等があります。

包皮腺の治療法

これは皮脂腺であり、病気ではありませんから治療をする必要は原則ありません。性感染症でもないので、パートナーに感染させることもありません。ただし、病気ではないと言われても包皮腺に劣等感を抱いている方もいらっしゃいます。

自然にブツブツが治ることはありません。これを治療しようとすると、美容の領域になります。保険診療にはなりません。

受診の際には

東京都新宿区西新宿のオフィス街にある新宿駅前クリニックでは泌尿器科、性感染症内科、皮膚科も標榜しております。陰部にブツブツを発見して「性病ではないか」「たぶん包皮腺だと思うけど、確信がもてない」など心配されて、受診される方もいらっしゃいます。お気軽にご相談ください。

ページトップへ