膀胱炎 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 膀胱炎

膀胱炎とは

膀胱炎

膀胱炎とは、大腸菌などの細菌が尿道から侵入して、膀胱で増殖して起こる病気です。女性は尿道が短く、また肛門や腟が尿道から近く細菌が侵入しやすいために女性に起こりやすい病気です。

膀胱炎の原因

膀胱炎のほとんどは、細菌の感染が原因で起こり、多くは大腸菌によるものです。誘因としては、長時間トイレの我慢、風邪や過労などによる抵抗力の低下、性行為、ストレスなどがあり、尿道に細菌が侵入すると、増殖を抑えられずに、膀胱の粘膜に炎症を起こします。

膀胱炎の症状

排尿時の痛み、頻尿、残尿感、下腹部痛、尿の混濁などが特徴的な症状です。排尿時の痛みは細菌が増殖してくると、特に尿が出終わる時に痛みが現れます。細菌が増殖して膀胱粘膜が傷つけられて目でみてわかるくらいの血尿になることもあります。通常は発熱することはなく、高熱や腰痛がある場合には腎臓にまで炎症が波及して腎盂腎炎を起こしている可能性があります。

膀胱炎の検査

尿検査を行ないます。尿検査では、白血球および細菌を多数認めます。また、尿の細菌培養検査にて、大腸菌が検出されるかどうか確認します。血液検査で全身の炎症所見を認めません。

膀胱炎の治療法

治療は薬物療法が中心になります。薬物療法は大腸菌に有効とされている抗菌薬(クラビット、フロモックス)を5日間内服します。症状が強ければ、7日間内服することもあります。

膀胱炎の予後

通常は、3日前後で症状が軽くなりますが、完全に菌をなくすために、5日間は薬を飲み続けます。

膀胱炎の日常生活の注意点

膀胱炎にならないために、膀胱炎予防をすることが大切です。

  1. 膀胱で菌を増やさない
    水分を多めにとり、排尿をスムーズにして菌を排出しやすくします。トイレを長時間我慢しないようにします
  2. 膀胱に菌を入れない
    女性の場合、排便後に前から後ろに拭くようにして、肛門の菌が尿道に感染しないようにします性交の前には、陰部や手指を清潔に保ち、性交の後は陰部をシャワーで流します性交後は排尿して、尿道や膀胱に入った細菌を排出するようにします 生理用ナプキンなどをこまめに替えて清潔を保ちます
  3. 免疫力を低下させない
    疲労をためずに、睡眠をこころがけバランスの取れた食事をとり、急激なダイエットはせずに、体力の低下を防ぎます。

よくある質問と答え

膀胱炎は、何科にかかればいいですか?

専門的には、泌尿器科におかかりになるのがよいでしょうが、内科のクリニックでも診療している場合もあります。一般的には、総合病院や大学病院レベルの施設でなくても、診療所レベルで対応可能です。

閉じる
膀胱炎は、男性になりにくいのはなぜですか?

膀胱炎は、男女ともに尿道から細菌が入り、膀胱に感染して炎症が広がります。男性は尿道が長く、細菌が膀胱まで到達しにくいため、膀胱炎になりにくいです。

閉じる
膀胱炎は、性交渉で感染しますか?

膀胱炎の原因菌は、大腸菌や腸球菌など便や皮膚表面に存在する菌です。性交渉で感染する病気、いわゆる性病ではありません。ただ、性交渉により、物理的刺激により、膀胱炎になりやすくなることはあります。

閉じる
膀胱炎は、再発することはありますか?

1度治っても、再発することはよくあります。細菌が増殖して炎症がひどくなる前に、早めに治療を開始すれば、短期間で症状が改善します。

閉じる
実際の1日の流れを教えてください。

閉じる
膀胱炎になると、どのような症状がありますか?

膀胱に細菌が感染して増殖し、炎症が起こって症状が引き起こされます。症状は個人差がありますが、排尿時の違和感、痛み、灼熱感、残尿感、下腹部の痛み、血尿などの症状があります。当然、全ての症状が当てはまるわけではなく、排尿時の違和感のみで、それ以外の症状はないこともあります。また、尿に血が混じっている場合も、目で見てわかる肉眼的血尿と、目で見てもわからず、尿検査によって確認できる尿潜血陽性に分けられます。

閉じる
膀胱炎は、どのような検査をしますか?

膀胱炎を疑わせる症状があれば、受付で、紙カップと、スピッツと、茶色い紙袋をお渡ししますので、入り口を出て右奥に女性用のトイレがありますので、そちらの個室で採尿をお願いいたします。トイレの中にある医療廃棄物用のゴミ箱に、紙コップは捨てていただいて、スピッツのみ紙袋に入れて、受付へ紙袋に入れてお渡しください。簡易検査のキットを使用して、尿中に白血球、尿潜血の有無を検査します。おおよそ、10分ほどで、簡易検査結果は判明します。膀胱炎の場合ですと、細菌が膀胱の粘膜に感染して、細菌と戦った白血球の死骸や、膀胱の粘膜に炎症が起こり出血することにより血液が検出されます。

閉じる
尿培養検査ではどのようなことがわかりますか?

膀胱炎が疑われる場合は、簡易検査以外にも、検査会社にて精密検査をおこないます。どのような細菌が原因になっているのか、抗生物質に対してその細菌が効果的かどうかを調べます。細菌の多くは、大腸菌や腸球菌のことがほとんどですが、抗生物質の効きが悪かった場合などは、薬剤感受性(薬の効きやすさ)を参考に抗生物質を変更します。

閉じる
膀胱炎に、抗生物質が効きにくいことがありますか?

膀胱炎を引き起こしている細菌が、抗生物質が効きにくい薬剤耐性菌である場合もあります。尿培養検査でどの抗生物質が効きやすい、効きにくいか(薬剤感受性)を調べます。だいたい1週間くらいで、薬剤感受性含め尿培養検査の結果が判明します。

閉じる
膀胱炎を放置しておくと、どうなりますか?

抗生物質なしでも、自然に治ることもなきにしもあらずですが、症状が悪化して、細菌が尿管を通り、腎臓まで細菌が増殖すると、腎う腎炎になることがあります。膀胱炎は、通常は発熱しないのですが、腎う腎炎は、発熱して、腰付近が痛くなるのが特徴になります。腎う腎炎の場合は、入院になることもあります。

閉じる
ページトップへ