膀胱炎 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 膀胱炎

膀胱炎とは

膀胱炎

膀胱炎とは、大腸菌などの細菌が尿道から侵入して、膀胱で増殖して起こる病気です。女性は尿道が短く、また肛門や腟が尿道から近く細菌が侵入しやすいために女性に起こりやすい病気です。

膀胱炎の原因

膀胱炎のほとんどは、細菌の感染が原因で起こり、多くは大腸菌によるものです。誘因としては、長時間トイレの我慢、風邪や過労などによる抵抗力の低下、性行為、ストレスなどがあり、尿道に細菌が侵入すると、増殖を抑えられずに、膀胱の粘膜に炎症を起こします。

膀胱炎の症状

排尿時の痛み、頻尿、残尿感、下腹部痛、尿の混濁などが特徴的な症状です。排尿時の痛みは細菌が増殖してくると、特に尿が出終わる時に痛みが現れます。細菌が増殖して膀胱粘膜が傷つけられて目でみてわかるくらいの血尿になることもあります。通常は発熱することはなく、高熱や腰痛がある場合には腎臓にまで炎症が波及して腎盂腎炎を起こしている可能性があります。

膀胱炎の検査

尿検査を行ないます。尿検査では、白血球および細菌を多数認めます。また、尿の細菌培養検査にて、大腸菌が検出されるかどうか確認します。血液検査で全身の炎症所見を認めません。

膀胱炎の治療法

治療は薬物療法が中心になります。薬物療法は大腸菌に有効とされている抗菌薬(クラビット、フロモックス)を5日間内服します。症状が強ければ、7日間内服することもあります。

膀胱炎の予後

通常は、3日前後で症状が軽くなりますが、完全に菌をなくすために、5日間は薬を飲み続けます。

膀胱炎の日常生活の注意点

膀胱炎にならないために、膀胱炎予防をすることが大切です。

  1. 膀胱で菌を増やさない
    水分を多めにとり、排尿をスムーズにして菌を排出しやすくします。トイレを長時間我慢しないようにします
  2. 膀胱に菌を入れない
    女性の場合、排便後に前から後ろに拭くようにして、肛門の菌が尿道に感染しないようにします性交の前には、陰部や手指を清潔に保ち、性交の後は陰部をシャワーで流します性交後は排尿して、尿道や膀胱に入った細菌を排出するようにします 生理用ナプキンなどをこまめに替えて清潔を保ちます
  3. 免疫力を低下させない
    疲労をためずに、睡眠をこころがけバランスの取れた食事をとり、急激なダイエットはせずに、体力の低下を防ぎます。
ページトップへ