膀胱炎の症状 新宿、皮膚科、内科、泌尿器科の新宿駅前クリニック。新宿駅西口の駅近で夜間診療もしております。

東京都新宿区西新宿1-11-11河野ビル3F(セブンイレブンの上)

  • 膀胱炎の症状

膀胱炎の症状と原因・注意点について

膀胱炎は排尿時に違和感や不快感があり、尿道口や下腹部に痛みを感じるなどの症状がでる尿路感染症の病気。大腸菌やブドウ球菌などの原因菌により膀胱内に炎症が起きている状態です。

特に女性は尿道が短く細菌が侵入しやすい環境であるため、膀胱炎にかかりやすくなっています。
膀胱炎になると排尿痛や下腹部の違和感などのつらい症状が多く表れます。これらの症状を軽減するためにも、日頃の予防法や早期治療が大切です。

膀胱炎で起きる症状

この病気には排尿痛や頻尿など、さまざまな症状が表れます。

排尿痛

排尿痛はおしっこの終りかけから排尿後に痛みを伴う症状。
痛みの表現や感じ方には個人差がありますが、排尿痛を経験した場合、「ツーンとした痛み」のような表現をする方が多くなっています。

頻尿

頻尿とは一般的に、朝起きてから寝るまでの排尿回数が1日8回以上を指します。膀胱炎により通常よりも尿の回数が増えることがあります。

残尿感

残尿感は排尿が終わってもまだ尿が残っているような違和感を覚える症状。
膀胱炎を経験した方の中には、尿を出したはずなのに「尿が出切っていない」「尿が残っている」と感じる方が多くいます。

下腹部痛

下腹部痛は骨盤から足の付け根部分までの範囲に痛みが出る症状。
下腹部痛の痛みの感じ方や表現方法には個人差がありますが、「違和感がある」「鈍痛が続く」「張った感じがする」などの表現をする方もいます。

尿混濁

尿混濁は尿が白く濁っている状態。
正常な尿の色は薄い黄色や麦わら色で透明感がありますが、尿混濁がある場合は肉眼で見ても分かるほど、尿が白っぽく濁ります。

血尿

血尿は尿に血が混ざっている状態。
血尿の診断には、尿に血が混ざっているのが目で見て判断できる“肉眼的血尿”と、尿の色の変化はわからないものの尿検査で血が混ざっているのが確認できる“顕微鏡的血尿”の2種類があります。

症状がおこる原因について

膀胱炎は性交渉や長時間に及ぶトイレの我慢により、大腸菌やブドウ球菌などの細菌が膀胱内に入り込んで、膀胱が炎症を起こしている状態です。

排尿痛の原因

膀胱内の粘膜が繁殖した細菌によって、尿道などの粘膜がただれて敏感になっているため、少しの刺激でも痛み、膀胱がある下腹部やおしっこの出入り口である尿道に発症します。

頻尿の原因

頻尿は膀胱や尿道の細菌感染により、膀胱の知覚神経が刺激されて起こります。

残尿感の原因

残尿感の原因は、膀胱に尿が残っていると錯覚してしまっていること(知覚障害)、もしくは膀胱を収縮できていないこと(膀胱収縮障害)などが挙げられます。
これらの症状は、膀胱や尿道の粘膜に細菌が感染することで起きる炎症が原因となるケースが多くなっています。

尿混濁の原因

尿混濁は白血球や炎症を起こした膀胱の粘膜が剥がれ、尿中に混ざることで起きます。
悪化すると炎症が強くなり化膿して、膿が尿に混ざるようになります。

血尿の原因

血尿は膀胱の粘膜が傷つき、排尿時に出血することが原因です。
膀胱内の粘膜は柔らかいため、炎症を起こすと荒れてただれた状態になり、出血しやすくなります。

下腹部痛の原因

膀胱炎による下腹部痛は、膀胱内に繁殖した細菌による炎症が原因です。

膀胱炎の症状があるときの注意点

「膀胱炎かもしれない」と思う症状がある場合には、放置せず泌尿器科などの病院を受診することが大切。加えて日常生活でも注意点があります。

放置しないで病院に行く

膀胱炎の始まりには頻尿や残尿感などの初期症状が起こります。膀胱炎を放置すると、腰痛や高熱などが起こる“腎盂腎炎”という病気になる可能性があります。

腎盂腎炎は膀胱内の細菌が尿管を通り腎臓に感染し、尿路感染症を起こしている状態。この病気は敗血症や腎機能の低下を起こし、命に関わることもあります。膀胱炎の疑いがあるときは放置せず、病院の泌尿器科で診察を受けて、医師の指示で治療法を行うようにしましょう。

免疫力・抵抗力を落とさない

膀胱炎は免疫力や抵抗力が低下すると、症状が悪化してしまうケースがあります。
症状があるときはバランスの良い食事を心がけ、ストレスを溜めずに規則正しい生活を送るなどの心がけが必要です。

陰部を清潔に保つ

膀胱炎は細菌が尿道から膀胱に侵入して起こる病気。特に女性は身体の構造上、尿道が短く肛門も近いため、細菌が侵入しやすい環境です。膀胱炎を悪化させないために、生理用ナプキンは定期的に交換するなどの対応をし、陰部が不潔にならないようにしてください。

刺激物を摂取しない

膀胱炎は膀胱内が炎症を起こして、粘膜が敏感になっている状態。
膀胱炎の症状があるときにアルコールなどの刺激物を摂取すると、膀胱を刺激して症状が悪化する可能性もあります。アルコールだけでなく、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインを含む飲み物や、唐辛子などの刺激物にも注意しましょう。ただし、水分補給はしっかりしてくださいね。

ページトップへ